発酵の季節

執筆者:阿川佐和子2020年11月22日
「豆乳ヨーグルトっていいですよ」(写真はイメージです)

 

(9月28日発売の新潮社『波』10月号より転載しています)

 豆乳に魅了されたのは台湾に行ったときである。

 台湾の人々は朝ご飯を家で食べることが少なく、外へ出かけて豆乳の店に足を運ぶ。豆乳専門店は街のいたるところにあり、いわゆるファーストフード店と同じような存在だ。香港では朝、お粥屋さんへ向かう人が多いのに対し、台湾は豆乳が朝食として好まれていると聞いた。

 台湾の豆乳屋へ行くと、「温かい豆乳」と「冷たい豆乳」のどちらかを選ぶシステムになっている。いわば、コーヒーを頼むと、「ホットですか? アイスですか?」と聞かれるようなものだ。続いて、「砂糖とミルクは?」と問われるがごとく、「甘味? 塩味?」という選択を迫られる。うーむ、迷うね。ではとりあえず「温かい塩味!」

 すると供されるのは、中鉢たっぷりに注がれたアツアツの豆乳と、上には中国式揚げパンの油條と刻みネギ少々と香菜がのっている。店によってはさらに干し海老が入っている場合もある。そして豆乳はなぜかサラサラではなく、かすかにドロンと凝固している。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。