梁啓超――「彷徨模索」した知識人(上)

甦る近代の変革――清末民国

執筆者:岡本隆司2022年4月9日
梁啓超(右)は、師の康有為(左)とともに携わった「変法」の挫折後、日本に亡命して新境地を拓く

梁啓超と康有為の最も相反しているのは、康有為は定見がありすぎ、梁啓超は定見がなさすぎた点にある。事業も然り、学問も然り。康有為はつねづね、「わが学は30歳ですでに成った。その後もう進歩はないし、また求めるにも及ばない」と語っていた。梁啓超はそうではない。学問が未完成なのを自覚、憂慮しない時はなく、数十年間、日々彷徨模索しつづけた。……しかも梁啓超は、定見がなさすぎるため、往々にして事物に流されて、守ってきたものを失うことがある。創造力は康有為に及ばないと断言してよい。……梁啓超は短所を自覚していたけれども、改める勇断ができないまま、しばしばくだらぬ政治活動にひきまわされ、精力を消耗して十分な成果が上がらなかった。

 以上は邦訳もある『清代学術概論』という著述の一節、ここでは拙訳を示した。清代の学問・学術をヨーロッパのルネサンスになぞらえながら通観し、系統的に説明を加えた著作で、関わる人物とその事蹟・学派・著述を手際よく整理紹介している。しかも邦訳書は詳細な注釈を施してあるから、いよいよ「清代学術」に対する至便のガイドブックであり、筆者にとっても、まず入門書、やがて愛読書となった。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。