昨年末に日本で押収された北朝鮮産とみられる覚醒剤が、米国から提供された重油を原料としているらしいことが判明した。米連邦捜査局(FBI)と日本の警察当局が共同で調査している。 覚醒剤の原料は通常、エフェドリンだが、重油からも質の劣る覚醒剤の製造は可能。米国は北朝鮮の核開発を凍結させた九四年の米朝核合意に沿って、年間五十万トンの重油提供を強いられており、この重油が覚醒剤製造に使用されているとすれば、米議会が猛反発するのは必至だ。 北朝鮮にとって重油の必要量は年間二十―三十万トンとされ、余剰重油は穴を掘って貯蔵しているといわれていた。だが覚醒剤製造に利用すれば、日本への密売で多額の資金を調達できる。従来、日本への覚醒剤は韓国製が大半だったが、現在は北朝鮮製が半分以上を占めるという。 米議会調査局は昨年、北朝鮮が国家事業としてヘロインを製造し、ロシア経由で各国に流し、麻薬で得た資金を金正日労働党総書記が掌握しているとする報告を作成した。重油の麻薬利用説について、国務省当局者はコメントを拒否しているが、事実なら、議会は超党派で米朝合意をつぶしにかかるのは必至だ。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。