コメント一覧

S
出井さんの記事には視野の広さと現実感覚のバランスを感じます。
実際に地方の工場には外国人労働者(と、あえて書きます)がなければ成り立ってない分野が多いのを感じます。
我々の使っている携帯電話の主要部品にしてもそうです。それを、気づいていないのか知っていて見えぬふりかはさておき、盲を啓いて下さる記事に感銘を受けます。
今後の人口減少を睨み、ある程度の人口の維持は火急の課題と思いますし、外国人の受け入れも真剣に考えるべきと思いますが、そもそも「移民が住み着いて居たい国でいられるか」は更に深刻な問題に思われます。
祖父・曽祖父の世代には日本が移民供給側の国だったことを思い出し、対策を立てる必要が有ると思います。今が最後のチャンスかもしれません。
A
↓ お詫びして訂正します。スエーデン→ノルウエイ

政府系ファンドは政府の情報が使える_インサイダー取引の可能性があると思ったら、NTTもJRも売却時はそうだったわけです。売り逃げたら叱られるし、安売りしたら無駄遣いと言われるし、価格は市場に任せるとは言っても難しいでしょうね。
探鉱の会社は鉱区権がなければどうにもなりません。人を遊ばせているのかも知れません。今の時代、「石油をたくさん掘れ」と、諸外国に勧めるのは、記事にもある通り、政府としても問題があるでしょうね。
A
株をやったことのない人は、いや、やったことのある人もたいていは誤解しています。
見通しが良いから買う、悪いから売る? 株の世界には「織り込み済み」とか「悪材料出尽くし」とか言う言葉があります。
その企業の将来が明るい、から買うのではなく、将来が明るいことにまだ大方は気づいていないが、自分だけは気づいたから、買う、が正解です。みんなが気づいたときはすでに値上がりして値打に合った値段になっていると考えると、買うのが正解とは言えません。
_
石油株はどうでしょうか。大きく分けて供給側の問題と需要側の問題があります。供給側での最近の変化は、シェールとアメリカの台頭でしょう。需要側は何といっても、CO2問題。スエーデンのようなエコ重視の国では、近い将来に化石燃料の使用量減が発生するという見方が強くなるのは否めません。当たるかどうかは別として(エコひいき?)。
素人の言いたい放題、ごめんなさい。
K
プラネテスはNHKでアニメ化されましたがこちらも名作ですね。漫画版と構成が少し異なりますが、最終回へ向けての収束が見事でした。
F
「帝国」の生成 投稿者:Feが趣味2019年04月23日01時29分
釈迦に説法ですが、朝鮮は清建国のおり、清は朝鮮の隣国で有るにも関わらず前王朝の明に味方して清に逆らって負けたために、清の属国に落とされた。清の一地方との扱いで、主権は認められて居なかったようです。この為に、琉球王朝よりも朝鮮王朝は清朝での扱いは下で有ったようです。まさか、朝鮮が琉球より下端だったとは、信じられない様な事実です。琉球王朝の扱いも日本有っての琉球で、冊封も国と言うのも怪しいことを十分知っていたが、日本は独立国で有るが日本の一部を冊封して置けば日本が冊封体制に組み込まれた様に見えて都合が良かった様である。朝鮮は実態よりも極端に縮小され、琉球は、実態よりも大幅に拡大されていた。「琉球処分」は、膨らまされた琉球が実態に戻ったと思われる。朝鮮も独立で普通の独立国になって、奴隷状態から解放されたのであろう。
素人の戯言でした。
A
↓の続きです。
_
「人手不足だから、日本人の賃金は下がらないし失業もない」と言う近視眼的な主張があります。目先の状況を論じるのは難しい。3年・5年の間に離職補充となったときを考えてみましょう。A,B社が時給2000円、C,Dが1990、E,Fが1980・・・だとします。各社に1名ずつの欠員が出た。時給の高い順に決まっていく。日本人と外国人の求職者が500人ずついた。Aに日本人1人、Bに外国人1人、・・・と500人ずつが就職。日本人の時給は2000,1990,1980・・・。
外国人がいなければ、2000,2000,1990,1990・・・の筈です。まちがいなく、日本人の時給は下がります。
H
>米国のイラン制裁適用免除措置を延長するのではなかろうか」と申し上げた。しかしながら米国は、延長しない方針の様です。岩瀬さんのレポートは、オイル・エネルギー三国志の語り部と感じながら読ませて頂いていますが、イデオロギーと政治が入ってくると、玄人でも予測が難しいと言う事でしょうか。環境保護とか原発反対とか、声高に叫んでいる人達は、電気も使わず車にも飛行機にも乗らず、プラスチック製品も使わずに、生活しているのでしょうか?反対・反対と声高に叫ぶたびに、エネルギーコストは安く供給する方向とは確実に反対に進んでいます。エネルギーの自給に問題が有る中国は、原発に大きく傾いています。現行の原発を再開し、国産のメタンハイドレードの開発促進が、自前エネルギーの比率拡大政策には必要と思います。不確実な他国の将来に依存する政策とキレイごとばかりの自称環境保護者とそれに乗るマスコミには、いい加減にして欲しいですね。
フォーサイト編集部です。
hidetakano1966さん、ご指摘ありがとうございました。編集部のチェック漏れでしたので、「NC」→「NCP」と修正しておきました。
引き続きのご愛読、どうぞよろしくお願いいたします。
h
記事はわかりやすくて勉強になりました。

NCと書かれているのは、「国民会議党(NCP)」のPが脱落してるんですよね?
t
報道全般に言えることだが、「移民キャラバン」ではなく、"不法入国キャラバン" の方が適切ではないのだろうか. 移民という言葉を使い、正規移民と不法移民の区別を曖昧にし、アメリカの現政権は移民に厳しく排外的だとの論調に持って行くのを見かけることがある. 続いて良くあるのは不法入国者の家族が分断されて可哀想だとの印象操作が続くこと. NHK のキャスターが各種映像の後に情緒たっぷりにこの様な報道を行っているのを見ると、放送法とは何の為にあるのかと思う.
"不法入国キャラバン" が発生する現実を軽視して、多様性を認めて共存するという虚像に向かうのは法治国家として正しい選択なのだろうか.
t
格差が減ると何故人口が増えるのか? 平均を論じているが、給与平均の事だろうか?日本国内を見ると、沖縄県は出生率が最も高い都道府県の一つ. しかし、沖縄県の平均給与所得は全国で最も低い部類.
所得が平均より上だと子供が産めるのであれば、不労高齢者の割合が高くなれば、若い労働世代の収入は平均より上になりそうな気がする. そのような状況で果たして人口が増えるのだろうか.
A
外国人労働者について日本人の賃金に対する影響が真剣に議論されていません。
安倍総理は「移民政策ではない」と言いますが、「結果的に移民になることは絶対にない」とは言いません。言えないのでしょう。
_
外国人労働の日本人労働者への影響について十把一絡げです。
ホウレンソウ農家の雇い入れは、日本人の労働を減らすのでなく中国からの輸入を減らすなら、日本人の賃金には影響しません。しかしそのためには「日本人と同額の賃金」ではなく、「日本人の賃金を下げない範囲の少し安い賃金」という微妙な扱いが必要です。できる人がいるのでしょうか。
_
介護への適用は間違いなく日本人の賃金に影響します。現在の賃金と「真に同額」を誰がどうやって確認するのでしょうか。「疑わしきは罰せず」で、よほどひどい状況でない限り、放っておかれる可能性が高い。
賃金が同じなら需要は増えない。需要がが一定で、外国人労働が増えるときは、間違いなく日本人の雇用は減る。減った人数は小売りなどに向かうことになる。そこでは、介護から移動した人は従来通りの賃金かも知れないが、以前から小売りで働いていた人の賃金を下げて需要を増やすか、彼らを解雇するしかない。そんな話が、テレビではありまs伝。

i
まことの弱法師(37) 投稿者:imomushi2019年04月21日11時58分
もう、何十年も昔のことになります。新宿だったか渋谷だったか忘れましたが、大森実氏が車上で演説しているのを見かけたことがあります。アメリカに関連する話だったように思うが、中身はまったく覚えていない。その声も顔に負けずの「アバタ」で、マイクを通して大きな「息遣い」が聞こえたことだけは覚えています。
毎日新聞社を辞めた後のことだったかも知れません。
H
まことの弱法師(37) 投稿者:HIRO2019年04月21日10時28分
徳岡さんの文章から、昔々読んだ大森実さんの本の数々を思い出しました。媚びないで見聞き感じた文章に、夢中になりました。後日、度々訪れたベトナムに対する考え方に、今考えると相当影響を与えられたと思います。権力にも媚びず・忖度せず、日本に取っての進む道をイデオロギーに染めずに正面からぶつかって示していたと思います。徳岡さんの偽善に対する辛口のユーモアも、大森さんの影響が有ったのでしょうね。次回も期待しております。
A
少子化でない状態にするのに、格差を減らすことに賛成です。格差が無くなれば人口は増えます。周囲と同じレベルの生活をと思うから、平均により下だと子供を産めません。結婚もできない。大雑把に言えば非正規労働者がそうです。そして、外国人労働者が、その足を引っ張り、少子化に拍車をかけます。
n
少子高齢化に対しては当面対処療法が必要としても抜本的な構造改革が必要です。健康長寿は歓迎します。財政的にゆとりがあるなら悠々自適もよし、社会的経済的必要性から就業続行もありです。国富を増やして分配格差を最小限に抑えれば人口増加につながります。この傾向が続けば国は栄えます。変化し続ける世界の中で国、企業、個人が小さな殻を破って英知を尽くせば道は開けるはずです。今必要なのは被雇用者の所得引き上げです。企業内留保金やオレオレ詐欺の対象となっている冬眠金を有効に活用したいものです。中小企業の改革やAIおよびロボットの活用を促進するには優れた政治家、官僚、企業家などの英断が必要です。ことは簡単ではありませんが、老人も若者も将来を楽観できれば明るい展望が持てると思うのです。


nekosukiさん、いつも御意見を頂き誠に有り難うございます。
トランプ政権の進路について「現実を軽視して虚像を追い求める方向」という表現をnekosukiさんはされていますが、トランプ・ホワイトハウスが2020年大統領選挙再選キャンペーンに向けた動きを明らかになる中、「反不法移民」の主張を掲げるミラー氏を益々重用するトランプ大統領の姿勢にお互をが支え合っている関係が浮き彫りになっていると考えています。「反不法移民」で連動するトランプ大統領とミラー氏の関係は残念ながら今後益々強まる印象です。足立
A
「子供に頼れ」はたしかに一理あります。それが社会通念だということになれば、少子化抑制になるでしょう。しかし、頼られる子供の立場からは、おおかたは「止してくれ」ではないでしょうか。自分もいずれは年を取るのですが。
150年前に比べれば、まちがいなく「子供だけに頼る」ではなくなっています。
「子供」に意見を聞けば、立場立場で自分に都合のいい主張をするでしょう。まだその立場にない人たちに訊いたら、公的支援は「今程度のレベルで」が多いのではないでしょうか。それで財政が続くのなら。但し、生活保護については「認定された人」と「紙一重で認定されなかった人」とのギャップが大きすぎると思います。
_
子供のいない高齢者が、どんどん増えているそうです。
「子供を生まない方が悪い」と言ってしまえばそれまでですが。

t
日本の外国人労働問題を追い続け、臆すること無くそれに関する巨大メディアの暗部を暴き、偽善を指摘する. そこには記者魂を感じる.

大新聞の威光をかさに、内閣官房長官記者会見で他人の情報に基づきアジテーションを行い、それを注意されると記事を書くのでは無く 弾圧だ とデモを行う記者をもてはやし、講演会に出版に映画化. 左翼メディアは共産主義よろしく我々の主張に沿えば儲かるぞ、とジャーナリズムを殺す.

購読料金の一部を読者が思う良記事に読者自身が配分できるような仕組みは良質な調査報道を維持する為の仕組みとして機能しないだろうか.
n
スピーチライターの役割が真に奏効するのは、政権内に現実的な仕事ができる有能な閣僚がいてスピーチ内容に真実味を示すことができるかどうかにかかっているように思うのですが、トランプ政権の進路は現実を軽視し、ますます虚像を追い求める方向に進んでいるように見受けられます。
裸の王様の寓話がありますが、ミラー氏はその寓話の作者であることに自らの存在価値をみいだしているように見受けられます。つまりミラー氏にとってはそれがトランプ政権の利用価値があるかのように。
歴代政権のスタッフは主である大統領の存在価値を最大限に見せるための工夫に精魂を注ぎ込んできたと思いますが、ミラー氏ほどなりふりかまわず主におもねたスタッフはいなかったのはないでしょうか。否、トランプ大統領自身がそれを好み、裸の王様であることをお望みであることを示す好例であるような気がしてなりません。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top