第1回「Fête des Nation」で演説するFNのルペン党首。欧州議会の第3勢力になれるか。AFP=時事

 

 5月1日は労働者の祭典「メーデー」だが、フランスの右翼にとっては「ジャンヌダルク祭」である。40年ほど前からルーブル美術館の近くの黄金色のジャンヌダルク像の前でデモと集会が行われている。今年は、極右政党「国民戦線」(FN)の創設者ジャン=マリー・ルペンが花束をささげた。だが、彼は後継者でもあった娘のマリーヌ・ルペン党首によって、もはやFNを除名された身である。裁判で「名誉党首」の座だけは守ったが、それも、最近のFNの党規変更で名誉党首という称号そのものがなくなってしまった。

 同日、FNの幹部とマリーヌ・ルペン党首は、南フランスのカンヌにあるジャンヌダルク像の前にいた。そのあと車で30分ほど離れたニースの国際会議場に向かった。

 欧州の極右政党を集めた第1回「Fête des Nation」(諸国家=国民=祭)である。

欧州「右派」連合が勢揃い

 EU(欧州連合)では、各国の党が集まって欧州政党をつくっており、欧州議会ではそれらを母体にした議員団がつくられる。FNは各国の右派政党のうち、欧州議員を輩出している「オーストリア自由党」(FPÖ)、イタリアの「同盟」(Lega)オランダの「自由党」(PVV)、ポーランドの「新右翼会議」(KNP)のほか、ベルギーの「フランドルの利益」(VB)、ブルガリアの「意志」(Volya)、チェコの「自由直接民主制運動」(SPD)、ギリシャの「新右派」(Nea Dexia)とで、「諸国家(国民)と自由のヨーロッパ運動」(MENL)という連合組織を形成している。これを母体に、欧州議会内では「諸国家(国民)と自由」(ENL)という議員団をつくり、メンバーは36名中17名がFNである。なお、躍進中の「ドイツのための選択肢」(AfD)とEU離脱をリードした「英国独立党」(UKIP)からはそれぞれ個人として1名ずつ入っているが、党としては入っていない。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。