『素顔のヴィルトゥオーソ』第2回 ヴァイオリニスト大谷康子

執筆者:フォーサイト編集部2018年9月5日
愛用しているピエトロ・グァルネリの音色を聴かせてくれた

 

「私、おしゃべりをはじめると止まらなくなるんです」

 そう言って彼女が楽しそうに話し始めた瞬間、その場の空気が明るく華やかになった。ヴァイオリニストの大谷康子さん。今年デビュー43周年を迎え、ソリストとして国内外でリサイタルを行うほか、数々の著名なオーケストラと共演を重ねるなど、第一線で活躍している。そして21年間、オーケストラのコンサートマスター(後にソロ・コンサートマスター)を務めた。

 日本を代表する実力派なのに、堅苦しさや気難しさなどまったく感じさせず、むしろ誰からも親しまれる雰囲気を漂わせる。「歌うヴァイオリン」と評される演奏さながらに、その場の空気を彩る。まさに「彩る」という表現がピッタリなのだ。

 7月2日、意外なことに初めてとなる著書『ヴァイオリニスト今日も走る!』(KADOKAWA)を刊行。執筆にまつわるエピソードや書けなかったことなどをたっぷり語ってもらった。

「動詞が入っている方が先生らしい」

カバー撮影のために特別に走ったわけではなく、これがいつもの光景

 彼女ほどのキャリアの持ち主なら、もっと早くに本を出版していても不思議ではない。が、現在もソリストとしての活動の他、母校の東京藝術大学の講師に東京音楽大学の教授、BSジャパン『おんがく交差点』(毎週土曜朝8時~)の司会や自治体の文化協会理事長から文化大使などなど、「超マルチタスク」。それゆえ、なかなか踏み出せなかったという。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。