『素顔のヴィルトゥオーソ』第2回 ヴァイオリニスト大谷康子

執筆者:フォーサイト編集部 2018年9月5日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本
愛用しているピエトロ・グァルネリの音色を聴かせてくれた

 

「私、おしゃべりをはじめると止まらなくなるんです」

 そう言って彼女が楽しそうに話し始めた瞬間、その場の空気が明るく華やかになった。ヴァイオリニストの大谷康子さん。今年デビュー43周年を迎え、ソリストとして国内外でリサイタルを行うほか、数々の著名なオーケストラと共演を重ねるなど、第一線で活躍している。そして21年間、オーケストラのコンサートマスター(後にソロ・コンサートマスター)を務めた。

 日本を代表する実力派なのに、堅苦しさや気難しさなどまったく感じさせず、むしろ誰からも親しまれる雰囲気を漂わせる。「歌うヴァイオリン」と評される演奏さながらに、その場の空気を彩る。まさに「彩る」という表現がピッタリなのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top