国際情報サイト

 

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

エルサレム・テルアビブの間で「毎日が巡礼」の生活

 3月以来、イスラエルと東京の往復生活を続けている。現在は3回目の渡航に向かうところである。   3月の渡航で、2020年以来、新型コロナ禍による渡航制限で伸び伸びになっていた、テルアビブ大モシェダヤン中東アフリカ研究センター(Moshe Dayan Center for Middle Easte…
続きを読む>>

イスラエルとトルコを軸とした中東政治のグローバルな存在感

この欄を「留守」にしていた間に注力していた研究事業についてなど、いくつか雑観を記すことを許していただきたい。 最近は「書き手」「演者」として最前線に立って発言するよりも、大学という場を、時代の変化にふさわしい形で再構成していくための「裏方」の作業が多くなっ…
続きを読む>>

テルアビブと東京の二拠点研究生活の開始

昨年末に続けざまにこの欄を更新して、日々の観察記録だけでなく数年・数十年単位での変化の諸相をまとめてから、3カ月が経ってしまった。この前後は、細かく記すことは相応しくないが、職業上「とにかく忙しかった」としか言いようがない。この欄の更新を粘り強く待ってくだ…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(10)トルコ・エルドアン大統領の権勢に翳り

2021年の中東を回顧するこのシリーズも、10回目でひとまず区切りとしたい。年末までにまた大きな動きがないことを祈るばかりである。 締めくくりに、2021年にはトルコのエルドアン大統領の権勢に、ついに翳りが見られてきた点を、挙げておきたい。「2023年」の共和国建国100…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(9)イスラエル・ネタニヤフ首相の退陣

イスラエルでは2021年6月13日、ベンヤミン・ネタニヤフ首相が退陣した。1996年に初めて首相になって以来、四半世紀にわたってイスラエル政界の「顔」だったネタニヤフがついに政権を手放したことは、今年の中東の重要な出来事として、記しておかなければならないだろう。 ネ…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(8)イランの保守強硬派ライースィー大統領は次世代の最高指導者たりうるか

2021年の中東を記録する時に、イランで保守強硬派のエブラーヒーム・ライースィーが大統領に当選・就任した点を書き漏らすわけにはいかないだろう。ライースィー大統領就任が、イラン政治と政治史においてどのように描かれることになるか、いわばどのように「記憶」されるかは…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(7)脱炭素化への湾岸産油国の面従腹背:ネット・ゼロ工程表は『ラ・ラ・ランド』の続編?

2021年の中東の環境・エネルギー問題を、後の時代に振り返るなら、サウジアラビアのアブドルアジーズ・ビン・サルマーン石油相(サルマーン国王の子)が6月1日に行った「ネット・ゼロ計画はラ・ラ・ランドだ」という発言が、この年の奇妙な状況を俯瞰する象徴的なものとして、…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(6)米国の中東関与の低下がもたらす米同盟国・友好国の不安と自立

2021年の中東を回顧するならば、すでに論じ尽くされたように感じられたとしても、やはり8月30日に米軍のアフガニスタンからの撤退が完了し、それによって象徴的に「対テロ戦争」の20年が終焉を迎えた点を挙げておかなければならない。アフガニスタンは中東か? そもそも「ア…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(5)「インド太平洋」と中東:アブラハム合意にインドが加わった「中東版クアッド」

「中東版クアッド」をご存知だろうか。 10月18日に、インドのスブラマニヤム・ジャイシャンカル外相が、イスラエルを訪問してヤイル・ラピド外相(交代制の次期首相でもあり、連立政権の組閣主導者である)と会談した。これに合わせて米国のアントニー・ブリンケン国務長官と…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(4)人権侵害をもたらす監視技術の輸出規制でイスラエル企業が対象に

民主化を阻害するデジタル技術の輸出管理 バイデン米政権は12月9・10日に「民主主義サミット」を主催したが、サミット開会に合わせて9日に「民主主義再生のための大統領イニシアチブ(Presidential Initiative for Democratic Renewal)」を発表した。  このイニシアチブで…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(3)シリアの独裁者アサドの静かな帰還:大量虐殺の後に

「アラブの春」による政権への批判に対して、政権が軍事力による封殺という手段で対峙したシリアでは、10年に及ぶ陰惨な内戦が続いてきた。シリア内戦には、イランがアサド政権を支援して介入し、レバノンのヒズブッラーも駆使して、影響力を強めている。これに対して、トルコ…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(2)民主化の逆行:スーダン・チュニジア・リビアにエジプト軍政モデルは伝播するか?

無料
「民主主義のためのサミット」での中東諸国の不在 バイデン米大統領が呼びかけた「民主主義のためのサミット(The Summit for Democracy)」が12月9日と10日、オンラインで行われた。台湾も含む111の国が参加したとされる。「権威主義に対する防衛」「汚職への対応と闘い」「…
続きを読む>>

2021年の中東を回顧する(1)親米・反米陣営の横断と歩み寄り

無料
サウジのムハンマド皇太子がGCC諸国を歴訪 サウジのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が、12月6日から10日にかけて、湾岸協力会議(GCC)諸国の5カ国を歴訪した。オマーン(6日)、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ(7日)・同ドバイ(8日)、カタール(9日)、バーレーン…
続きを読む>>

サウジの「ネット・ゼロ」目標のタテマエとホンネ

10月23日、サウジアラビアが、2060年までに「ネット・ゼロ(温暖化ガスの排出量を実質ゼロとする)」目標を発表した。10月31日から始まる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)を前にしてサウジの首都リヤードで開催した「サウジ・グリーン・イニシアチブ」の舞台…
続きを読む>>

「インド太平洋」に目を向け始めた中東

掲載されたばかりの、サウジ系『シャルクルアウサト』紙への定期寄稿コラムの今回のテーマは、「中東の終わり、インド太平洋の時代の始まり」である。ساتوشي إيكوتشي، المنافسة في «منطقة المحيطين»... ونهاية عصر الشر…
続きを読む>>

ターリバーンの政権掌握で外交的地位を高めるカタール

8月31日の午前0時(アフガニスタン現地時間)、米軍がカーブル撤収を終え、ターリバーンが20年ぶりにアフガニスタンの支配者となった。ここで外交的地位を上昇させているのが、湾岸産油国・天然ガス大国のカタールである。2001年にターリバーンは政権を追われ、指導者は各地に…
続きを読む>>

米国「ベスト・アンド・ブライテスト」の死角:故ラムズフェルド国防長官の"Unknown Knowns"

アフガニスタンからの米軍の撤退と、ターリバーン勢力の全土・首都カーブル制圧をめぐって、米国の国内政治の文脈でも、日本など米同盟国の国内政治・外交安全保障論の文脈でも、話題が沸騰しており、それらは重要だが、やや極論を言えば、「負け戦での撤退のやり方と責任の所…
続きを読む>>

アラブ・メディア20年の変貌 その内在的観察

中東の20年前と現在との違いといえば、メディアの双方向性の度合いが著しく上がったことがある。これは中東の一般市民が、国による上からのテレビ放送や統制された新聞による世論誘導を回避して、スマートフォンで撮影した映像をSNSで発信できるといった、「アラブの春」で顕…
続きを読む>>

中東の10年・20年におよぶ変動の「決算」に寄せて

中東で、10年、そして20年単位の歴史の節目というべき事象が相次いでいる。「10年」というのは「アラブの春」からの10年である。「アラブの春」の長期的・大規模な変動の口火を切り、唯一の民主化の成功例とされてきたチュニジアで、7月25日、カイス・サイード大統領が、緊急…
続きを読む>>

エジプトのナイル川上流諸国への外交攻勢

一般財団法人中東協力センター(JCCME)の『中東協力センターニュース』には、かなり長い間、定期的に寄稿の機会をいただいている。以前は「連載」していた時期もあり、最近は忙しくて、年に数回程度だが、毎回苦しみながら一定の規模のレポートをまとめている。今回はエジプ…
続きを読む>>
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top