池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

トランプはノーベル賞を貰えるか

トランプ大統領がノーベル賞候補に挙がっている、という報道がある。ホワイトハウスもそれを認めている。トランプ大統領がノーベル賞を受賞するか? という設問には「分からない」と答えるしかない。ノーベル賞の選考過程を知らないのであるから当然である。選挙と人事に加え…
続きを読む>>

イスラエルとUAEの合意によって取引されるものは何か

8月13日にトランプ大統領によって発表され、9月15日にホワイトハウスで調印式が行われる予定の、イスラエル・UAE国交正常化合意だが、そもそもこの合意によって外交的には何が合意されるのだろうか。「中東和平」という単語は、しばしば「パレスチナ問題」とほぼ同一であるか…
続きを読む>>

イスラエルの深謀遠慮の対象はイランよりもトルコ

イスラエルの外交・安全保障政策の最重要の課題は、イランであるということに、表向きはなっている。イスラエルの外交官も、専門家も、口を揃えて、イランの脅威について同じようなことを言う。しかし、イスラエルの専門家、特に国家の長期的な戦略を考える立場の人たちの発言…
続きを読む>>

2020年は「イスラエル外交の年」

イデオロギーや政治的・外交的党派の違いを超えて、認めなければならないのは、「2020年はイスラエル外交の年」と言えるということである。イスラエルの積み重ねて来た数多くの施策が、ここで一気に噛み合いつつある。それはイスラエルが深く食い込んだトランプ政権が再選の選…
続きを読む>>

イスラエルの外交政策・戦略の成果が次々に

2020年は「イスラエル外交の最高の時」となりそうだ。先月のUAEに続き、9月11日に、バーレーン(バハレーン)が、イスラエルとの国交正常化(normalization)に踏み切った。米トランプ大統領が、バーレーンのハマド・ビン・イーサー・アール=ハリーファ首長及びイスラエルの…
続きを読む>>

続・中東の激変とそれでも変わらない現実

【編集部注:本稿は『WEB版フォーサイト』10周年記念特集『フォーサイトで辿る変遷10年(2)中東の激変とそれでも変わらない現実』のつづきです】月刊誌『フォーサイト』は休刊の際にその先20年間の世界情勢を展望していたが、現在はその半ばの「折り返し地点」に達したことに…
続きを読む>>

中東もコロナ閉鎖から見切り発車で再開

この欄の更新がまたも滞ってしまった。大型プロジェクトを請け負って、組織形成と立ち上げ初期イベントを公開・非公開で行い奔走していたのと、コロナ下で中東との往来も、中東の中での移動も大幅に制約され、中東情勢の展開が滞り、見えにくくなっていたことが大きな原因であ…
続きを読む>>

ムハンマド皇太子は「シェール潰し」の石油価格下落政策でトランプの虎の尾を踏んだか

ここのところの目立ったスクープと言えば『ロイター』のこの記事だろう。“Special Report: Trump told Saudi: Cut oil supply or lose U.S. military support – sources,” Reuters, April 30, 2020.トランプ大統領は4月2日に、サウジのムハンマド皇太子(MBS)との電話会談…
続きを読む>>

レクサスとオタク部屋

しばらくこの欄での「つぶやき」に間が空いてしまった。4月は研究室で2つの大型予算を受け入れてプロジェクト組織を行政的に立ち上げる作業に専念していた。1つは石油会社との産学連携、もう一つは外務省の調査研究事業の受注であり、こういった産官学での組織的な取り組みの…
続きを読む>>

コロナ危機でネタニヤフが延命 イスラエルで挙国一致内閣が成立の見通し

3月26日、イスラエルでベンヤミン・ネタニヤフ首相と、対抗馬で「青と白」選挙連合を率いるベニー・ガンツ元参謀総長が、新型コロナウイルス蔓延による危機を背景にした大連立での組閣に合意した模様だ。3月25日に両者は3月2日の議会(クネセット)総選挙投票以来2回目の電話…
続きを読む>>

入国制限・都市封鎖への「出口戦略」は

全世界的に、外国人の入国拒否・自国民の旅行制限と帰国者の隔離、社会的隔離、都市封鎖が進む。グローバル化が急停止している。サウジアラビアなどペルシア湾岸の産油国も次々と国境を閉じた。最初はペルシア湾対岸で感染爆発が著しいイランとの国境を閉じたのを手始めに、メ…
続きを読む>>

イラン革命体制の高齢化した指導層は新型コロナに脆弱か

不謹慎と言われるかもしれないが、イランでの新型コロナウイルスの爆発的な広がりは、イランのイスラーム革命体制の指導中枢の最も弱い部分、すなわちその「高齢化」を直撃しているのではないか、と推測せざるを得ない。革命は往々にして「若者」によって主導される。イラン革…
続きを読む>>

早期に米国からの入国を止めたイスラエルの「先見の明」

新型コロナウイルス問題の広がりで、ここ数日で、各国が全面的に国境を閉じる流れが定まったようだ。グローバル化を一時的に振り出しに戻すと言っていいほどの、人間の動きの制約・停止措置が全世界的に広がりそうだ。これがいつの時点で収束し、解除されるか、誰がリーダーシ…
続きを読む>>

岩瀬昇さんの2つのフレーズ

先ほど本欄で、参議院の資源エネルギー調査会での岩瀬昇さんの参考人陳述を視聴している、と呟いておいたが、岩瀬さんが限られた時間の中で、解説に言葉を尽くしながらも、いくつかの持論を、的確にその場に届けていくのに感銘を受けた。エネルギー市場の基本性質については、…
続きを読む>>

イランとイラクを結ぶ「命綱」の石油・ガス・電力輸出入がかろうじて続く

米国はイランからイラクへの天然ガス等のエネルギー輸出を、引き続き認める見通しだ。2月10日にイラク政府高官が報道機関に語った。米国が2018年以来、イランに課している最強度の経済制裁の肝心のところは、イランに石油を売らせないこと、イランから石油を買った企業を米国…
続きを読む>>

参議院資源エネルギー調査会の参考人陳述を視聴してみた

「エネルギーの部屋」の岩瀬昇さんが、参議院の「資源エネルギーに関する調査会」で参考人として意見陳述を行うとのお知らせが『フォーサイト』のトップページにあったので、事後になったが、ウェブサイトを見てみると、参議院のウェブサイトからビデオで視聴ができる。何しろ…
続きを読む>>

併合を「提案したが認めるとは言っていない」早速試されるトランプ「世紀のディール」の本気度

トランプ大統領が1月28日に発表した中東和平案、通称「世紀のディール」は、簡単に言えば、イスラエルがヨルダン川西岸の占領地に建設した入植地の大部分をイスラエルの正統な領土であると認めたものである。ネタニヤフ首相は早速、米国が認めると言ったのだから、即座に入植…
続きを読む>>

トランプの「世紀のディール」はイスラエルの主張の丸呑み

トランプ大統領が1月28日正午、ホワイトハウスで、イスラエルのネタニヤフ首相と共に、中東和平(イスラエル・パレスチナ和平)に関するいわゆる「世紀のディール」を発表した。和平案"Peace to Prosperity: A Vision to Improve the Lives of the Palestinian and Israeli Pe…
続きを読む>>

トルコ・イスラエルの舌戦とアラブの傍観・危惧

連載「中東 危機の震源を読む」に久しぶりに論考(中東―危機の震源を読む (96)年末年始・中東のもう1つの騒動:東地中海ガス田をめぐるトルコとイスラエルの虚実皮膜」)を寄稿した。今後は大きなテーマについてのまとまりのある論考は連載「中東 危機の震源を読む」に、日…
続きを読む>>

サウジとイランのどちらが「普通の国」か

サウジアラビアのアーディル・ジュベイル外交担当国務相(元外相)が、1月23日にダボス会議でイランに「普通の国」になれ、と告げたことが少々話題になっている。サウジ系のメディアでは、当然のことだが「言ってやった」と囃し立てる。"Jubeir Says Restoring Ties with Iran…
続きを読む>>
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top