池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

国会での外交演説を過去まで遡るには

先ほどは今国会の冒頭の外交演説を取り上げたが、こういった首相や外相の演説は、1つ1つを取れば総花的に多くの課題に触れなければならないので、個々の部分はそれほど深く掘り下げたものではなく、正直に言って興味が湧くものは少ないが、長期間にわたって趨勢を見ていくと、…
続きを読む>>

外交演説の対中東外交をめぐる部分

さきほど「中東の部屋」に掲載した論考で、河野外相の外交演説を取り上げた(「対中東政策が日本外交の6本目の柱に」『フォーサイト』2018年1月22日)が、演説の該当箇所をここに転載しておこう。【外務省ウェブサイトより】 5つ目として、私は、対中東政策を抜本的に強化し…
続きを読む>>

2018年の中東はもちろん課題山積

中東諸国のニュースやオピニオンを英語で解説してくれる便利なウェブサイトとしてすっかり定着したAl-Monitorが、2018年の中東の課題を展望している。中東各地で現地に密着した多くの書き手を抱えているためもあるのだろうが、列挙される課題は52もある。 "Al-Monitor's 2018…
続きを読む>>

エルドアンのアフリカ戦略がスーダンの紅海岸スワーキン島に及ぶ

トルコのエルドアン大統領が12月24日からアフリカ諸国(4日間でスーダン、チャド、チュニジアを廻る予定)を訪問しているが、最初の訪問地スーダンで、興味深い動きを見せた。スーダンの紅海岸の歴史的な港湾都市スワーキン(サワーキン)島の再建を、トルコが行う合意を結ん…
続きを読む>>

トランプはエルサレム首都承認と大使館移転の意志表明した直後に大使館移転繰り延べ命令に署名

トランプは12月6日に署名した宣言文および演説でエルサレムを首都と認め、大使館のエルサレム移転の決意を表明したが、その直後に、1995年に議会が可決した「エルサレム大使館法」の適用を6カ月免除する大統領令にも署名している。これは「エルサレム大使館法」の規定により…
続きを読む>>

トランプのエルサレム首都承認の宣言文と演説テキストの違い

12月6日の米トランプ大統領の演説の内容は、事前に公開しておいた「中東―危機の震源を読む(94) トランプがエルサレムを首都承認した後に何が起こるか」で書いておいた通りであったため、それほど付け加えることはないが、「中東通信」欄で、あらためて演説の本文内容・構成…
続きを読む>>

米国はイスラエルにトランプ演説への反応を抑制するように水面下で要請

米トランプ大統領は12月6日の演説でエルサレムをイスラエルの首都と認めたが、これに対しては予想された、あるいは危惧されていた反発が、随所から表明されている(例えばパレスチナ・ガザを支配するハマースによる反応)。それらが形式や表向きの意見表明なのか、具体的な対…
続きを読む>>

トランプは演説でエルサレムと「東エルサレム」を分離できるか

トランプの演説を待たずにエルサレム首都承認問題について、連載「中東 危機の震源を読む」に論考「トランプがエルサレムを首都承認した後に何が起こるか」を掲載しておいた。補足しておくと、米国東部時間6日午後1時から(日本時間7日午前3時から)行われると見られるトラン…
続きを読む>>

米中東学会のプログラムの「薄さ」に感じる米国の中東離れ

ワシントンDCとロンドンを駆け足で回る、世界一周の出張から戻ったところである。訪問先・調査の内容はそのまま表に出してはならないものが多いので、ここにはまだ書けないのだが、一つだけ気になったことを記しておこう。それはワシントンDCで覗いてみた北米中東学会(MESA:…
続きを読む>>

レバノン情勢の緊迫:サウジは対イラン・ヒズブッラー強硬姿勢を強める

サウジがレバノン在住の国民に、即座に退去するよう指令を出した。サウジの対イラン・対ヒズブッラーの政策は緊迫の度を急速に高めている。11月4日、サウジが多数の要人を拘束した政変と同日に、レバノン問題でも大きな動きがあった。この日、サウジのリヤードを訪問中のサア…
続きを読む>>

サウジの「汚職追及」で大メディア所有者が軒並み対象に

11月4日夜のサウジの王族・閣僚経験者・企業家の大量拘束で、アラブ世界全体に影響力を持つ汎アラブ・メディア産業の所有者たちが軒並み逮捕されたことは気になる。汎アラブ・メディアというとカタールが出資したアル=ジャジーラが有名だが、サウジの企業家・財閥も汎アラブ…
続きを読む>>

サウジの企業家拘束はヴィジョン2030の経済変革への本気度を疑わせる

サウジのムハンマド皇太子が「汚職摘発」を掲げて断行した王族・企業家・財閥総帥の大量逮捕の目的や効果ははっきりしない。それが「軍・治安機構の統一」への一歩となりうることは先ほど記した。しかし企業家・財閥総帥の主要な人物を軒並み拘束していることは、ムハンマド皇…
続きを読む>>

サウジのムハンマド皇太子はムトイブ国家防衛隊相の更迭・拘束で軍・治安機構の一元化を進める

深夜早朝に大胆な(あるいは衝動的にも見える)政策を実施して世界を驚かせるのが、サウジのムハンマド皇太子のトレードマークのようになってきた。11月4日の夜に「汚職摘発」を掲げて行った、有力王族・企業家・財閥総帥らの大量拘束にはどのような背景や目的があるのか、は…
続きを読む>>

サウジ・トルコ・エジプトへのロシア製対空ミサイルS-400配備を米国は警戒

10月5日のサウジのサルマーン国王のロシア・モスクワ訪問とプーチン大統領との会談で、もっとも耳目を集めたのはロシア製対空ミサイル・システムのS-400の購入に関する覚書が結ばれたことだろう。この案件はすでに今年4月に表面化していたが、首脳会談で改めて合意したことに…
続きを読む>>

KRGのキルクーク喪失でロシアの懐は痛まない

キルクークをめぐるKRGとイラク中央政府の紛争について、ここのところの激変を注視しているが、「中東の部屋」ではKRGの油田開発へのロシア国営石油会社の進出について記してあった。その後、キルクークがイラク中央政府の支配下に入ったことで、ロシアのKRGとの契約はどうな…
続きを読む>>

ラッカ制圧の祝祭で「シリア民主軍」がPKKの「本性」を現す

米国に支援されクルド人民兵組織YPGを主体としたSDFがシリア東部のラッカを制圧したが、ここでSDFの実態がトルコの主張するようにトルコの反体制武装勢力PKKなのではないか、という疑いをいっそう深める事件があった。19日にラッカの街の中央広場で開かれたパレードで、YPGの…
続きを読む>>

イラク政府軍がエルビールの南に迫る

10月20日、イラク政府軍部隊が、キルクーク県の北部でクルド人の自治区(クルディスターン地域政府=KRG)との境界にある町アルトゥン・キョプリュに迫り、反撃に出たクルド民兵組織ペシュメルガと戦闘を行ったという。"Iraq army seizes town near Erbil after fierce clashe…
続きを読む>>

ソマリアの最大規模のテロで際立つトルコの進出

10月14日にソマリアの首都モガディシュの中心部で発生したトラック爆弾による自爆テロの死者は300人を超え、さらに増えそうだ。"Death toll from Somalia bomb attacks tops 300," Reuters, October 16, 2017.ソマリアでは1980年代後半以来内戦が続き、イスラーム主義の過激派…
続きを読む>>

シリアではクルド系組織が主導するSDFが「イスラーム国」の拠点ラッカを制圧

イラクではクルド人勢力が2014年以来拡張した領域を一両日で失うという大打撃を被ったが、同時期にシリアでは、クルド人勢力が「イスラーム国」の主要拠点のラッカを制圧し、戦果を誇っていた。10月15日には、シリアのクルド人民兵組織の民衆防衛隊(YPG)が主導し米国に支援…
続きを読む>>

クルド危機が示す米国の仲介能力の低下

キルクークをめぐってクルディスターン地域政府(KRG)とイラク中央政府の衝突の寸前まできているが、ここに至った直接の契機は9月25日のクルド独立住民投票が、イラクの憲法上の正当な地位を持つクルド地域の外にある(ただしKRGの実効支配下に2014年以来ある)キルクークな…
続きを読む>>
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top