池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター、グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

KRGのキルクーク喪失でロシアの懐は痛まない

キルクークをめぐるKRGとイラク中央政府の紛争について、ここのところの激変を注視しているが、「中東の部屋」ではKRGの油田開発へのロシア国営石油会社の進出について記してあった。その後、キルクークがイラク中央政府の支配下に入ったことで、ロシアのKRGとの契約はどうな…
続きを読む>>

ラッカ制圧の祝祭で「シリア民主軍」がPKKの「本性」を現す

米国に支援されクルド人民兵組織YPGを主体としたSDFがシリア東部のラッカを制圧したが、ここでSDFの実態がトルコの主張するようにトルコの反体制武装勢力PKKなのではないか、という疑いをいっそう深める事件があった。19日にラッカの街の中央広場で開かれたパレードで、YPGの…
続きを読む>>

イラク政府軍がエルビールの南に迫る

10月20日、イラク政府軍部隊が、キルクーク県の北部でクルド人の自治区(クルディスターン地域政府=KRG)との境界にある町アルトゥン・キョプリュに迫り、反撃に出たクルド民兵組織ペシュメルガと戦闘を行ったという。"Iraq army seizes town near Erbil after fierce clashe…
続きを読む>>

ソマリアの最大規模のテロで際立つトルコの進出

10月14日にソマリアの首都モガディシュの中心部で発生したトラック爆弾による自爆テロの死者は300人を超え、さらに増えそうだ。"Death toll from Somalia bomb attacks tops 300," Reuters, October 16, 2017.ソマリアでは1980年代後半以来内戦が続き、イスラーム主義の過激派…
続きを読む>>

シリアではクルド系組織が主導するSDFが「イスラーム国」の拠点ラッカを制圧

イラクではクルド人勢力が2014年以来拡張した領域を一両日で失うという大打撃を被ったが、同時期にシリアでは、クルド人勢力が「イスラーム国」の主要拠点のラッカを制圧し、戦果を誇っていた。10月15日には、シリアのクルド人民兵組織の民衆防衛隊(YPG)が主導し米国に支援…
続きを読む>>

クルド危機が示す米国の仲介能力の低下

キルクークをめぐってクルディスターン地域政府(KRG)とイラク中央政府の衝突の寸前まできているが、ここに至った直接の契機は9月25日のクルド独立住民投票が、イラクの憲法上の正当な地位を持つクルド地域の外にある(ただしKRGの実効支配下に2014年以来ある)キルクークな…
続きを読む>>

キルクークに向けてイラク政府軍の侵攻が開始

イラク政府軍部隊が、クルドKRGが実効支配するキルクーク周辺部の軍事空港(K-1基地)に向けて進軍を始めたと報じられている。クルド人が歴史的に帰属を主張するキルクークは大規模な油田を擁し、ここをイラク政府軍とKRGのどちらが掌握するかが、クルド独立の経済的な成否を…
続きを読む>>

サウジアラムコのIPOは迷走の末ついに棚上げか

サウジの壮大な経済改革(国家改造)プラン「ヴィジョン2030」の目玉、そして改革を成立させる前提条件とも言える国営石油会社サウジアラムコ(Saudi Aramco)の新規株式公開(IPO)だが、迷走を極めている。「ヴィジョン2030」の実現可能性は大いに懐疑的に見られており、そ…
続きを読む>>

トルコ・エルドアン大統領はイランへ、サウジ・サルマーン国王はロシアへ

トルコのエルドアン大統領が、10月4日、イランの首都テヘランを訪問しており、ロウハーニー大統領だけでなく、最高指導者ハメネイ師とも面会する模様だ。主要な議題はクルド問題と見られている。エルドアン大統領のイラン訪問に先立つ10月1日、トルコのフルシ・アカル参謀総長…
続きを読む>>

バグダーディーの音声声明はローン・ウルフ型テロを刺激したのか

カナダ・エドモントンやフランス・マルセイユで9月の末にローン・ウルフ型のテロが続発した背景に、9月28日に公開されたとみられるアブー・バクル・バグダーディーの音声声明は何らかの影響を及ぼしているのだろうか。"'New Baghdadi tape' posted by Islamic State group," B…
続きを読む>>

ローン・ウルフ型テロの続発

過去半月の間に、世界各地で、「ローン・ウルフ型」のテロが続発している。ラスベガスの事件がどのように他のものと関連するか分からないが、とりあえず一覧で基礎事実をまとめておこう。9月15日 英国・ロンドンの地下鉄ディストリクト・ライン(District Line)の列車内に置…
続きを読む>>

ラスベガスの銃乱射テロにも「イスラーム国」関連メディアが犯行を主張

米国ラスベガスで10月1日夜に起きた銃乱射事件は少なくとも59名の死者、400名を超える負傷者を出し、米国でも前例の少ない規模の銃犯罪事件となった。ここでも「イスラーム国」に近いメディア組織アゥマーク通信(Amaq)が犯行を主張する声明を出した。1つ目の声明では、犯人…
続きを読む>>

パレスチナの「政界再編」は、小池都知事の「希望の党」騒動と似通う

先ほどは、ハマース支配下で封鎖され孤立したガザを巡って、ファタハとハマースの歩み寄りが、UAEやサウジやエジプトの後押しによって進められていることを記した。これはサウジとUAEが、カタールとイランを敵と見立てて行う、地域内の覇権ブロック構築の試みの一環と言える。…
続きを読む>>

10年ぶりにガザでハマースとファタハが統一政府を目指す

パレスチナのガザを支配してきたイスラーム主義のハマースが、ヨルダン川西岸のラーマッラーを拠点としたパレスチナ自治政府を掌握するPLO主流派ファタハへの接近を進めている。10月2日、ファタハとハマースの統一政府の首相としてファタハのラーミー・ハムダッラーがガザ地区…
続きを読む>>

中東の変動を逐一伝える情報の奔流の中で

半月ほど、この欄でのつぶやきが途絶えてしまった。この欄の更新が止まる時は、中東で何か深いところで変化が起こっていると考えていただきたい。重要な、しかし精査を要する情報が中東から奔流のように流れてくると、処理能力を超えてしまう。「面白いニュース」は無数にある…
続きを読む>>

中国の中東進出のもう一つの拠点はオマーンのドゥクム

中東でも中国の動向に注目が集まる。中国のインド洋への海洋進出を「真珠の首飾り」と呼ぶことがあるが、中東付近ではパキスタンのグワダルと、ジブチでの港湾開発が注目されてきた。それらの中間地点のオマーンが次の中国の進出先として注目される。昨年5月に結ばれた合意に…
続きを読む>>

サウジ皇太子がイスラエル訪問か?

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が9月初旬に、極秘にイスラエルを訪問したという噂がある。"Did the Saudi Crown Prince Make a Covert Visit to Israel," Jerusalem Post, September 11, 2017.イスラエル・ラジオがサウジの匿名の高官あるいは王子の訪問…
続きを読む>>

レバノン・シリアは国境地帯の「イスラーム国」勢力をシリア東部戦線に「投棄」

8月28日から29日にかけてレバノンで、レバノン東部からシリアのダマスカス北東方面に連なるカラムーン山地に勢力を持っていた「イスラーム国」や「シャーム解放機構」を、シリア東部のデリゾール(「イスラーム国」の占拠地域)や、シリア北部のイドリブ(「シャーム解放機構…
続きを読む>>

GCC諸国の間で繰り広げられる「アフリカ争奪戦」

中東の「延長」としての東アフリカ・「アフリカの角(つの)」地域と紅海沿岸地域の情勢については、この「中東通信」欄で重点を置いて取り上げてきた(ジブチ、ソマリアなど)。AP通信の記者もこの問題を取り上げた記事を載せている。Jon Gambrell, "Qatar crisis shakes Eas…
続きを読む>>

イスラエルはロシアと米国の双方に外交攻勢

8月23日にイスラエル・ネタニヤフ首相はソチでプーチン大統領と会談した。これと重なる時期に、イスラエルの諜報機関モサドのヨッシ・コーエン長官が率いる代表団が米国を訪問しているようだ。これらの訪問で行われる協議において主要な課題になるのは、シリア南部へのイラン…
続きを読む>>
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top