池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

イランで国会とホメイニ廟への襲撃と自爆:イスラーム革命期以来のテロ

6月7日朝、イランの首都テヘランで重要な象徴的意味を持つ標的少なくとも2カ所に対して同時に攻撃が行われた。国会とホメイニ廟にそれぞれ複数の犯人が侵入し、銃撃の上、自爆(一部に薬物による自殺も含まれるという情報がある)した。午後に銃撃戦が終結した段階で、12名が…
続きを読む>>

「火のないところに煙は立たず」と「嘘から出た実」

サウジ・UAEとカタールの間の泥仕合は、発端のタミーム首長発言にしてもハッキング説が対置され、UAEやバハレーンの高官のメールやSNSアカウントも次々にハッキングされるなど、基礎的な情報が事実か否かすらも、判定することが困難である。不可解なことが多すぎる。トランプ…
続きを読む>>

カタール首長の問題発言はロシアのハッキングによる偽ニュース?

6月5日にサウジとUAEがバハレーンやエジプトと共に行った対カタール断交に関して、発端となる、5月23日にカタールのタミーム首長が軍事教練過程の卒業生へに向けて行った発言とされ、カタール国営通信(QNA)から発信されたテキストが、ロシアのハッキングによる偽ニュースだ…
続きを読む>>

対カタール断交を行う次の国は?

サウジとカタールの紛議で、真っ先にサウジ側に追随を表明した国として、イエメンとモルディブについて記しておいたが、次にどのような国が同様の措置を表明するだろうか。おそらくソマリアやスーダン、コモロ諸島だろうか。これは2016年1月にサウジとイランの関係が悪化した…
続きを読む>>

対カタール断交にイエメン・モルディブも追随

サウジアラビア・バハレーン・UAEにエジプトが加わって、対カタールの断交(国交断絶・外交関係の切断)を行ったが、イエメンとモルディブが今のところこれに追随している。いずれもさほどの影響はないが、近年のサウジ主導の「連合」の実態を示すものとして興味深い。イエメ…
続きを読む>>

GCCの分裂はサウジとカタールの断交へ

6月5日、とうとうサウジがカタールとの断交に踏み切った。アラビア半島のサウジの領土からペルシア湾に突き出した半島であるカタールは、サウジが国境を封鎖すれば陸路の交通・輸送が不可能となり、実質は孤島となってしまう。バハレーンはサウジに追随して断交措置を取って空…
続きを読む>>

GCC内部で異様なまでの泥仕合

ここのところ、ペルシア湾岸のアラブ産油国が集まるGCC諸国の間での不和と非難合戦が、前例のない域に達している。渦中におり槍玉に上がっているのがカタールである。5月23日にタミーム首長が軍事教練過程の卒業生に向けた発言で、イランに大幅に歩み寄り、GCCによるイラン敵…
続きを読む>>

マンチェスターの自爆犯はリビア難民2世

5月22日夜のマンチェスターのコンサート会場付近でのテロで自爆した犯人の身元が、マンチェスター市警本部長によって発表されている。テレグラフ紙ウェブサイトがかなり細かく報じている。"Salman Abedi named as the Manchester suicide bomber - what we know about him," T…
続きを読む>>

「イスラーム国」がマンチェスターのコンサートへの爆破テロで犯行を主張

5月22日夜10時30分ごろに、英マンチェスターで行われていたアリアナ・グランデのコンサート終了直後に、会場となっていた「マンチェスター・アリーナ(Manchester Arena)」の出入り口付近で起こった爆破事件では、22名の死亡、59名の負傷が今のところ確認されている。SNS上で…
続きを読む>>

トランプ政権の中東政策の主目的は徐々にイランとの対決に

トランプ政権の中東政策は、イランとの対決に傾斜しかけている、という。ブルッキングス研究所のイラン専門家で、イラン分析や対イラン政策でしばしば米政権のアドバイザーとなってきたスーザン・マロニーの論考がウェブサイトに公開されていた。Suzanne Malony, "Under Trump…
続きを読む>>

今年のラマダーン・ドラマにはサウジとハリウッド合作の「イスラーム国」活劇が登場

先ほどは「イスラーム国」やアル=カーイダの掲げる黒旗とその中央にあしらわれた印章について記したが、中東諸国で盛り上がるラマダーン月の連続ドラマの一つには、この黒旗と印章が乱舞しそうだ。ラマダーン月の夜明けから日没まで、ムスリムは断食を行う。日中は断食に耐え…
続きを読む>>

「イスラーム国」やアル=カーイダの黒旗に描かれる預言者ムハンマドの印章

「イスラーム国」やアル=カーイダなどイスラーム主義諸組織が戦いに出たり統治を行う時に掲げる黒旗の中央に、丸い印章があしらってある。この印章の由来や意味については、以前に個人のブログで解説したことがある。預言者ムハンマドが、アラビア半島のメディナを拠点にメッ…
続きを読む>>

イランの地中海回廊を寸断する米・クルド同盟

米トランプ政権はシリアのクルド勢力PYD(クルド民主統一党)とその軍事部門YPG(人民防衛部隊)との連携を深めている。YPGを主体としたSDF(シリア民主軍)を支援して、「イスラーム国」勢力が支配するシリア東部ラッカの制圧を進めようとしている。これに対してトルコが強く…
続きを読む>>

トランプがロシアに明かした機密情報はイスラエル由来

5月10日の会談で、トランプ大統領がラブロフ外相に、「イスラーム国」関連の機密情報を漏らしたとされる問題で、漏洩された情報の出どころはイスラエルだった、とニューヨーク・タイムズ紙が報じている。娘婿ジャレド・クシュナーのイスラエルとの関係の深さに依拠して、官僚…
続きを読む>>

トランプの「FBI捜査妨害」は機密漏洩よりも危ないかも

連日お騒がせのトランプ大統領、紛糾する疑惑の報道が多すぎて、どの問題が重要で何が争点なのかが必ずしも定かでないが、FBIの捜査妨害の問題はかなり深刻かもしれない。5月9日にトランプ大統領がコーミーFBI長官を突如解任したことで、トランプ大統領とその側近のロシアとの…
続きを読む>>

「Webでも考える人」の高野秀行さん連載でソマリ人社会の「ゆるさ」を満喫

ここのところ断続的に、ジブチに行ってその周辺を見渡して考えたことについてつらつらと記している(この10日間ほど、パソコンの設定の関係で休んでいましたが)。ジブチはアラブ連盟の一部という意味では中東の辺境とも言えるが、住民の多くはソマリ人(それ以外の多くは、エ…
続きを読む>>

トランプがロシア外相に明かした最高機密はラップトップ爆弾について

トランプ大統領が、5月10日に、訪米したロシアのラブロフ外相との会談の際に、最高機密の情報を伝えたとワシントン・ポストが報じて、またも大騒ぎになっている。報道によると、伝えた最高機密情報は、「イスラーム国」勢力によるラップトップ爆弾に関するものだったという。…
続きを読む>>

「たびレジ」はゴルゴも推奨

以前から、この「たびレジ」は登録しておくと忘れていた頃に意外に役に立つ、ということをこの欄で書こうと思って忘れていたのだが、気づいたら「ゴルゴ」に先を越されていた。外務省が、お役所なりの渾身のPR作戦、なのだろうか、ゴルゴ13(さいとうたかを作)を起用して「海…
続きを読む>>

「たびレジ」は「簡易登録」がおすすめ

「パリでテロ」「ニースでテロ」「ベルリンでテロ」「イスタンブルでテロ」といった事件が起こった時、情報・報道が錯綜する。「いつ、どこで、何が起こったか」についての最低限必要な情報を知りたいが、これがかなりの労力と知識を要する。こんな時に、該当国・地域について…
続きを読む>>

中国が「開通」させた鉄道の巨大な中央駅には人の気配なし

【ジブチ紀行】遠回りしているが、やっと今回の渡航の一つの主要目的、アフリカ大陸初の電化鉄道とされるジブチ−アジスアベバ鉄道の話である。ジブチ市とエチオピア・アジスアベバを12時間(諸説あるが)でつなぐというこの鉄道は、中国の借款と中国企業の進出で大々的に建設…
続きを読む>>
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top