池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

ドイツがイスラーム教団体「真の宗教」を非合法化・捜索

11月15日の早朝、ドイツの警察当局は、イスラーム教団体「真の宗教(Die wahre Religion)」のモスク・拠点の一斉捜索を行った。捜索の対象は10州の200カ所に及ぶという。当局は「真の宗教」からシリアやイラクにジハード戦士として渡る者が多く出ていることを理由としている…
続きを読む>>

北部マリ紛争を扱った映画「禁じられた歌声」についてのトーク(12月10日)

2012年の北部マリ紛争、あれは何だったのか?と思っている人もいるでしょう。2014年のイラクとシリアでの「イスラーム国」の台頭ですっかり忘れられてしまいましたが、ティンブクトゥの霊廟破壊など、当時はずいぶん報じられたはずです。 12月10日(土)の12時頃から、渋谷の…
続きを読む>>

パキスタンで中国が関与してグワダル港が開港

中国のインド洋進出の重要な結節点である、パキスタンのグワダル港の建設が進み、11月13日には開港セレモニーが行われる予定である。セレモニーでは中国領新疆ウイグル地区カシュガルから陸送されてきた貨物が中国のコンテナ船に船積みされ、中東・アフリカ向けに出航すること…
続きを読む>>

東大・駒場祭で弁論部主催の講演会「今、中東で何が起こっているか」(11月27日)

一般公開の講演会のお知らせ。11月25-27日に東大の駒場祭が開かれますが、そこで弁論部主催の講演会で登壇します。私に続いてトリには武装解除の伊勢崎賢治さんが登壇します。この欄で書いているような現状についてお話ししますので、ご関心のある方はどうぞ。池内恵「今、中…
続きを読む>>

世界の「壁」を中東から考える(2):トルコのシリア国境

昨日紹介したエコノミスト誌の地図にも記されているが、トルコはシリアとの900kmに及ぶ国境線に分離壁の建設を進めている。難民の流入や、PKKやPYD/YPGなどクルド系組織の戦闘員の流入を防ぐためである。トルコはこの壁を2017年2月中にも完成させるという。 この動きは他のシ…
続きを読む>>

世界の「壁」を中東から考える(1):グローバル化の逆説

ドイツ・ミュンヘンの、難民向けに建設が進む団地の周囲を、ベルリンの壁以上の高さの壁で囲んでいることが話題になっている。ベルリンの壁を壊して、難民受け入れなどでグローバル化を主導するドイツが、しかし「ミュンヘンの壁」を作っている、というところに象徴的な意味が…
続きを読む>>

ローザンヌ条約で確定した国境と、それ以外の部分

昨日の「中東の部屋」で取り上げた、近代の国民国家・主権国家としてのトルコを根拠づけたローザンヌ条約について、補足として一つの記事を紹介しよう。 この記事はトルコの世俗主義派のメディアに載った、エルドアンのローザンヌ条約批判(=ケマル・アタチュルク批判、近代…
続きを読む>>

トルコ・イズミルとギリシア・テッサロニキ間のフェリー新航路計画

どことなく感慨を誘う記事を見つけた。 ギリシアのテッサロニキ(オスマン帝国時代の旧名サロニカ)とトルコのイズミル(旧名スミルナ)を結ぶフェリー航路の開設が計画されているという。 テッサロニキとイズミルを結ぶ航路が持つ歴史的因縁と、現代の象徴性は、拙著『サイ…
続きを読む>>

シリアのクルド人勢力がラッカ制圧に先陣を切る

10月5日に、シリアのクルド人勢力が主導して、米軍の空爆支援を受け、「イスラーム国」のシリアでの「首都」ラッカの制圧に着手した。「ユーフラテスの怒り」作戦と名づけられている。アサド政権によるラッカ攻略に先んじて「イスラーム国」の主要拠点の制圧を進め、米国など…
続きを読む>>

紅海の出口、バーブル・マンデブ海峡の緊張についての論考

10月の前半に、イエメンのフーシー派が、バーブル・マンデブ海峡付近で対艦ミサイルによる攻撃をUAEや米海軍の艦船に対して行った件、それに対する米国海軍の限定的な空爆が行われた件では、リアルタイムで「中東通信」に寄稿しておいたが、この件についてまとめた論考を、『…
続きを読む>>

バグダーディーはモースルでの徹底抗戦とトルコ・サウジへの攻撃を扇動

「イスラーム国」のイラクの中心拠点の指導者アブーバクル・アル=バグダーディーのものとみられる音声声明が、11月3日未明にインターネット上で公開された。2014年6月のモースル占拠直後に、ラマダーン月の最初の金曜礼拝に姿を現した映像が世界を駆け巡ったバグダーディーだ…
続きを読む>>

中東地域政治の構造変動――アジ研セミナーの覚書(3)最大の懸案はトルコの不透明感

モデレーターとして、質問シートに書き込まれた質問を、講演と講演の間の短い時間に50枚ばかり急いで目を通し、分類して整理し、とりまとめて私の言葉でコメントにまとめ、各講演者への質問としたのだが、感心したのは、質問の質である。これまでは中東関連の講演会やセミナー…
続きを読む>>

中東地域政治の構造変動――アジ研セミナーの覚書(2)三つの地域大国

今日(すでに日付が変わっているが)のセミナーで、まず興味深いのが、中東地域政治(地域国際政治)を論じる際に、対象が、イラン・トルコ・サウジだったことだ。私はモデレーターとして中東の全体を見て議論を喚起する役割を負っており、また私の専門性としても、中東全域の…
続きを読む>>

中東地域政治の構造変動――アジ研セミナーの覚書(1)日々に受ける研究上の刺激を「つぶやく」試み

今日はジェトロ・アジア経済研究所のセミナー「中東域内政治の新展開−−イラン・トルコ・サウジの事例から」で、パネルディスカッションのモデレーターを務めていた。午後いっぱいをかけて行ったアジ研のセミナーに続き、その後、とある研究所の研究プロジェクトの研究会に行…
続きを読む>>

イエメン・フーシー派の紅海岸レーダー施設を米軍が空爆

イエメンを中心とした紅海岸地域のシーレーンの安全保障に関わる緊張、特にバーブル・マンデブ海峡付近での、イランの支援を受けたとみられるフーシー派のより積極的なアクセス拒否活動が問題化している。先日来、この欄ではこの問題を取り上げ(11日の記事1、記事2)、本日…
続きを読む>>

再びバーブル・マンデブ海峡の米海軍艦船に対するミサイル攻撃が

ここのところ続けて言及してきた紅海岸地域の安全保障問題、特にバーブル・マンデブ海峡の安全通航をイエメンの多くを制圧したフーシー派が脅かす兆しについて、続報である。10月9日に続いて、10月12日にまたも、バーブル・マンデブ海峡に急派された米海軍艦船USS Masonに対し…
続きを読む>>

バーブル・マンデブ海峡のUAE艦船攻撃に用いられたのは対艦ミサイルC-802か

米ワシントン近東政策研究所の分析によれば、10月1日にイエメンのモハー沖でUAE海軍が使用する輸送高速船Swiftをフーシー派がミサイル攻撃で大破させた事件で、フーシー派が用いたのはレーダー誘導による対艦ミサイルC-802である可能性が高いという。C-802は中国製だが、リバ…
続きを読む>>

中東の安全保障上の争点は紅海岸地域にシフト

中東情勢というと、どうしてもシリアやイラクに関心が集まる。つまり中東地域の中の下位地域(sub-region)でいえば「レバント」地方や「肥沃な三日月地帯」の紛争に目が向きがちだ。米国とイランの対立や、イランとサウジアラビアの競合といった話題では「ペルシア湾岸」が問…
続きを読む>>

米オバマ政権末期の「2017年問題」に注意

先日専門家の集まりで議論していてふと思いついたのだが、国際問題に関わる人間は「2017年問題」を気にするべきではないだろうか。もう多くの人が忘れていると思うが、「2000年問題」というものが騒がれたことがある。2000年に日付が変わる瞬間にコンピュータの誤作動が大規模…
続きを読む>>

サウジは当面ムハンマド・ビン・サルマーン副皇太子とムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子が共存

英『エコノミスト』誌に、サウジ王室情勢についてのアップデートが載っていた。注目すべきは、サルマーン国王がムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子(MbN)を更迭して、自らの子息であるムハンマド・ビン・サルマーン副皇太子(MbS)に直接王位を継がせるという、年初に高まった…
続きを読む>>
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top