国際情報サイト

 

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

ケリー国務長官が訪露して対シリア・ヌスラ戦線で協調策を提案

7月14日(米国時間)に米ケリー国務長官が訪露し、当日と翌日にかけて、プーチン大統領やラブロフ外相と会談して、シリア問題で妥協案を提示して米露協調を図る模様だ。ワシントン・ポスト紙の一連の報道によれば、会談では、世界各地でテロを扇動する「イスラーム国」だけで…
続きを読む>>

ダッカのテロの組織と犯人像(初期の報道)

ダッカのカフェ襲撃テロで、背後の組織と、7名の犯人(そのうち6人は銃撃戦で死亡)について少しずつ情報が出てきている。バングラデシュのアサドゥザマーン・ハーン(Asaduzzaman Khan)内相はAFPに対して、犯行はバングラデシュ・ムジャーヒディーン団(Jamaeytul Mujahde…
続きを読む>>

ダッカのテロはインドで「イスラーム国」への呼応テロを刺激するか

7月1・2日のダッカのカフェへのテロで、インド亜大陸への「イスラーム国」あるいはグローバル・ジハード理念の拡散が顕著になったが、これがインドに波及することが危惧される。「イスラーム国」の英語宣伝誌の『ダービク』は、4月刊行の号で、「ベンガルのアミール(カリフか…
続きを読む>>

イスタンブル・アタチュルク空港のテロ実行犯はロシア・北コーカサスと中央アジア諸国の出身か

6月28日夜にトルコのイスタンブル・アタチュルク空港で起きた銃撃・自爆テロ事件は「イスラーム国」の犯行と見られるが、ジハードの共通理念に共鳴して各地の多種多様な勢力が集まる「イスラーム国」については、「どのような」主体が今回の事件を行ったかがより重要である。…
続きを読む>>

リビア東部では自称リビア国民軍のハフタル将軍とイスラーム主義勢力が衝突

リビアの西部ガラブリでの抗争と、国際社会の関心事スィルトでの戦闘についてこの前のエントリで記したが、今度は東部を見てみよう。東部の中心都市はベンガジで、ここでは各種の民兵集団が競っている。東部を拠点とする2014の選挙を根拠とする代議員議会(House of Represent…
続きを読む>>

リビア西部ガラブリで民兵集団と住民が抗争

リビアの内戦の終結への道のりは険しい。昨年12月17日には、東西分裂政府の交渉担当者たちによって国民合意政権(Government of National Accord: GNA)の設立で合意された。紆余曲折あって欧米諸国と安保理の支持も得て結成されたGNAが3月30日に首都トリポリに上陸し、統治体…
続きを読む>>

ヨルダンとシリアの緩衝地帯ルクバーンで自動車爆弾によるテロ

6月21日朝、ヨルダンの北東部の辺境、シリアとの国境の町ルクバーンで、ヨルダン軍の部隊に対するテロで6人の兵士が死亡し、14人が負傷した。"Jordan soldiers killed in Syria border bomb attack," al-Jazeera, 21 June 2016."Jordanian troops killed in bomb attack at S…
続きを読む>>

シリア内戦で米の支援する部隊が北部の要衝マンビジュの制圧を目指す

シリア北部のトルコ国境地帯の「イスラーム国」の押さえる要衝マンビジュを、米国が支援するシリア民主部隊(SDF)が制圧しようと中心部に攻勢をかけている。SDFはクルド人民兵組織YPGの傘下にあると見られるため、YPGをテロ組織として敵視するトルコは警戒しているが、今のと…
続きを読む>>

米シェール企業の勝ち残り組は筋肉質に

今後の原油価格はどうなるのか。サウジアラビアやイランやイラクなどのOPEC諸国、ロシアなどの非OPEC諸国の動きとともに、米国のシェール・オイルを算出する企業の動向が気になるが、ここのところの報道によれば、有力な企業はかなりしぶといようだ。原油価格が高い時は1バレ…
続きを読む>>

米国務省員51名がオバマ政権のシリア政策に不満を表明

6月16日のニューヨーク・タイムズ紙が、米露合意で義務づけられた停戦を守っていないアサド政権に対して、米国は標的を絞り込んだ空爆などを行うべきだ、とする国務省内の「メモ」の存在を報じた。"51 U.S. Diplomats Urge Strikes Against Assad in Syria," The New York Ti…
続きを読む>>

グローバル・ジハードの「触発」と「指示」の相違

6月12日のフロリダ州オーランドのナイトクラブへの銃撃テロについて、翌朝のブリーフィングでオバマが「触発された(inspired)」と「指示された(directed)」を使い分け、inspireされたものだという現時点での見通しを示していたことを前項で示した。この使い分けは、国際…
続きを読む>>

フロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブへのテロに対するオバマの言葉

6月12日の米国フロリダ州オーランドで起きた、ゲイのナイトクラブPulseで49名を殺害し犯人も死亡した事件に対して、翌日のオバマ大統領の二つの会見での言葉の用い方から、事件の性質をどう認識しているか、この問題の政治的な波及を最小限にするためのどのようなメッセージ発…
続きを読む>>

フロリダとパリのテロはグローバル・ジハードの拡散の典型

6月12日と13日に、米国とフランスでグローバル・ジハードの事例と見られる殺人事件が相次いだ。これらの事件は、相互につながりが乏しいか、あるいは全くない、個人や組織がグローバル・ジハードの思想に感化され、自発的に呼応して行ったものと考えられる。2000年代半ばから…
続きを読む>>

サウジのファーリハ新石油相の発言を読む

6月2日にウィーンで行われたOPEC総会で、予想通り、生産調整(増産凍結、生産枠の変更、生産据え置き、生産目標の再設定、等々日本語では様々な表現が用いられるが)に関する合意はなされなかった。予想されたことであるため、石油市場もそれほど大きく反応しなかった。サウジ…
続きを読む>>

ドイツ議会によるトルコのアルメニア人「虐殺」認定

6月2日、ドイツ連邦議会はオスマン帝国による第一次世界大戦中のアルメニア人への迫害を「虐殺」と認定する決議を行った。直接的に政府の行動を縛るものではないが、ドイツとトルコの外交関係に支障をきたす影響を及ぼすことは確かだ。第一次世界大戦中の1915年にオスマン帝国…
続きを読む>>

ブラジルのテメル大統領代行はレバノン系

ブラジルでルセフ大統領が上下両院で弾劾決議を受け、180日間の職務停止となっている。そのためミシェル・テメル副大統領が大統領代行を務めている。中南米の政治家で、どこかアラビア語風の名前があると、おそらくレバノン系あるいはシリア系であると予想がつく。調べてみる…
続きを読む>>

チュニジアのナハダ党が政教分離を掲げる

チュニジアのナハダ党が5月20日から23日にかけて党大会を開いたが、そこで政教分離を方針として明確にし、イスラーム主義政党ではなくムスリム民主主義政党として党の理念を再定義したことが注目されている。CNNのクリスチャン・アマンプールによるナハダ党の指導者ガンヌーシ…
続きを読む>>

シリア内戦で反体制派がヌスラ戦線に結集か

シリア内戦では、名目だけの和平協議がジュネーブで行われてきたが、アサド政権は任意の敵対勢力を「テロリスト」と認定すれば攻撃を続けられるという根本的な欠陥のある仕組みであるため、成果は望めない。和平協議の結果として進めることになっている和平プロセス、つまり(…
続きを読む>>

パリやベルギーのテロをめぐってフランスのイスラーム研究両巨頭が激突

昨年から今年にかけて、パリとブリュッセルで「イスラーム国」やアル=カーイダに共鳴したテロが続いた。なぜ西欧の若者の一部が過激化するのか。その原因をめぐってフランスで論争が起きている。 論争の当事者は、フランスの現代イスラーム研究の両巨頭と言えるジル・ケペル…
続きを読む>>

5月16日はサイクス=ピコ協定から100年の記念日

百年前の1916年の5月16日に、サイクス=ピコ協定が結ばれた。シリアやイラクやイスラエル・パレスチナなど、中東の現在の諸国家を形作る基礎となった、当時の列強の英・仏による合意である。これにはロシアやイタリアなども同意しており、それぞれに当時の中東を支配していた…
続きを読む>>
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top