池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

シリア「停戦」はまだ「死んでいない」?

シリアで9月12日に発効したはずの「停戦」は、大方の予想通り、有名無実であるようだ。「暴力の削減」としての「停戦」は、当初の目標通り1週間続いたものの、9月19日には、アレッポの反体制派掌握地域に向けて人道物資を運んでいた車列に、アサド政権の軍が空爆を行った。も…
続きを読む>>

シリア分割論がやはり出てきた

ロシアがアサド政権の支援を揺るがす姿勢を見せず、米国がクルド人勢力のユーフラテス河以東での活動に支援を与え、トルコがアレッポ北方に一定の勢力範囲を確保した現在、中・長期的にはシリア内戦のある種の均衡点が見通せる地点に来ている。この均衡点は「一つのシリア」を…
続きを読む>>

トルコのシリア北部「飛行禁止区域」の設定宣言がもたらし得るシリア内戦の均衡点

9月9日(10日)のジュネーブ合意(あるいはこれをシリア内戦をめぐるジュネーブⅣ合意とでも呼べばいいのだろうか。2月22日発表の「停戦」合意はジュネーブⅢ会議での合意とみなされている)による現地の戦闘への影響が望み薄という見通しを書いたが、現在の動きの中でシリア…
続きを読む>>

シリアで発効した「停戦」をめぐる外交用語の洗練度

ジュネーブで9月9日の深夜から翌10日にかけて、米露の外相間で交渉がまとまり、シリア内戦でのある種の「停戦」を試みることに合意した。これに基づき9月12日には最初期段階の48時間の「停戦」が発効したものとされる。ケリー米外相とラブロフ露外相は9月4・5日にかけても長…
続きを読む>>

橋の名のシンボリズム補遺3:スレイマン1世どうでしょう

メフメト2世(第2ボスフォラス大橋)→セリム1世(第3ボスフォラス大橋)と、オスマン帝国の征服・拡大を指揮したスルターンの名を挙げた。もう一人代表的なスルターンを挙げろと言われれば、おそらく文句なくスレイマン1世(在位1520ー1566年)となるだろう。次に大橋や…
続きを読む>>

橋の名のシンボリズム補遺2:セリム1世はオスマン帝国の「カリフ位」主張の淵源

第3ボスフォラス大橋に冠せられた「セリム1世大橋」のシンボリズムが、アラブ世界とクルド人地域の征服であることを先ほど記したが、セリム1世のシンボリズムは「カリフ制」にも深く関わっている。バグダードで13世紀にモンゴルの侵攻によって滅亡したアッバース朝カリフの…
続きを読む>>

橋の名のシンボリズム補遺

先ほど、第3ボスフォラス大橋が「セリム1世(冷酷者)大橋」と名付けられたことと、そのシンボリズムを解説したが、他の2つの橋の名にも明瞭なシンボリズムがある。日本企業が建設に参加したことで、日本で特に知られる第2ボスフォラス大橋は、「メフメト2世大橋(Fatih …
続きを読む>>

イスタンブルの第3ボスフォラス大橋に、オスマン帝国のアラブ領土征服者の名が

8月26日、トルコのイスタンブルのボスフォラス海峡に、ヨーロッパ側とアジア側をつなぐ3本目の橋が開通した。トルコのゼネコンİçtaşとイタリアAstaldiのJVが建設に携わった。外国では第3ボスフォラス大橋と番号で呼ばれることもあるが、正式には「セリム1世大橋(Yavuz S…
続きを読む>>

シリア内戦で「棲み分け」が進む:ハサケとダーライヤーの戦況

8月24日にトルコがアレッポ北方の、筆者がシリアートルコ「回廊」地帯と呼んでいる戦略的要地に軍事介入を開始したが、シリア内戦では複数の戦線が並行して展開しており、他の戦線でも重要な動きがあった。概括すると、シリア内戦は主要勢力がそれぞれの勢力範囲を固める動き…
続きを読む>>

徐々に明らかになる米・英・仏のシリア・リビア介入

シリア南部のタニフに英特殊部隊が展開している写真をBBCが報じた。シリア南部のヨルダンやイラクとの国境付近では、米・英・ヨルダンが支援してシリアの反体制勢力「新シリア軍(NSA: New Syrian Army)」が展開している。これと「イスラーム国」が衝突する一方で、ロシア軍…
続きを読む>>

エルドアンの「反省文」:露土首脳会談の構図

8月9日のトルコのエルドアンのロシア・サンクトペテルブルク訪問では、予想通り、エルドアンがプーチン大統領にあたかも臣下の礼を取るかのような構図が出現した。会談直後から、ロシアの宣伝メディアである「スプートニク」は怒涛のように記事を配信したが、そのうち一つのカ…
続きを読む>>

エルドアンのロシア訪問で何が話し合われるのか

現在の中東情勢で最も関心を集めるのが、トルコの内政・外交の行方だろう。エルドアン政権は内政では8月7日に、7・15クーデタの阻止を祝うイスタンブルでの集会で数百万人を集めて大衆動員の力を誇示したが、外交では8月9日のエルドアン大統領のロシア・サンクトペテルブルク…
続きを読む>>

シリア反体制派がアレッポの包囲を解く

シリアの戦況がひと月の間に目まぐるしく移り変わっている。アレッポの戦況は政権と反体制勢力の間の交渉や、米露交渉、ロシアとトルコやサウジアラビアなどの交渉にも関わる最重要の戦線である。8月6日までに、アレッポ東部の反体制派支配地域へのアサド政権による包囲を、反…
続きを読む>>

ヌスラ戦線がアル=カーイダから分離

シリアの反体制武装勢力ヌスラ戦線が、アル=カーイダからの決別を宣言した模様だ。7月28日にアラビア語衛星放送局アル=ジャジーラが放送した映像によれば、ヌスラ戦線はアル=カーイダから分離し、「シャーム征服戦線」(Jabha al-Fath al-Sham)と改称したものとされる(ア…
続きを読む>>

トルコに関する過去の記事の紹介

クーデタ未遂で揺れるトルコについては、フォーサイトの過去の記事に加え、私の個人ブログで一時集中的に取り上げていたことがあるので、ブログのこのエントリと、その先のリンクをたどって読んでいくと、全体状況がある程度見えてくると思う。このブログを書いた当時はシリア…
続きを読む>>

トルコのクーデタ未遂をめぐる8つの考察ポイント

7月15日夜(現地時間)に決行されたトルコのクーデタの企ては、アンカラで軍総司令部、議会、大統領官邸などでの戦闘を経て鎮圧された模様だ。(タイムライン:BBC, Reuters)アンカラやイスタンブルではクーデタ支持部隊とデモの群衆の衝突が生じた。TRTやCNN Turkなど主要テ…
続きを読む>>

ケリー国務長官が訪露して対シリア・ヌスラ戦線で協調策を提案

7月14日(米国時間)に米ケリー国務長官が訪露し、当日と翌日にかけて、プーチン大統領やラブロフ外相と会談して、シリア問題で妥協案を提示して米露協調を図る模様だ。ワシントン・ポスト紙の一連の報道によれば、会談では、世界各地でテロを扇動する「イスラーム国」だけで…
続きを読む>>

ダッカのテロの組織と犯人像(初期の報道)

ダッカのカフェ襲撃テロで、背後の組織と、7名の犯人(そのうち6人は銃撃戦で死亡)について少しずつ情報が出てきている。バングラデシュのアサドゥザマーン・ハーン(Asaduzzaman Khan)内相はAFPに対して、犯行はバングラデシュ・ムジャーヒディーン団(Jamaeytul Mujahde…
続きを読む>>

ダッカのテロはインドで「イスラーム国」への呼応テロを刺激するか

7月1・2日のダッカのカフェへのテロで、インド亜大陸への「イスラーム国」あるいはグローバル・ジハード理念の拡散が顕著になったが、これがインドに波及することが危惧される。「イスラーム国」の英語宣伝誌の『ダービク』は、4月刊行の号で、「ベンガルのアミール(カリフか…
続きを読む>>

イスタンブル・アタチュルク空港のテロ実行犯はロシア・北コーカサスと中央アジア諸国の出身か

6月28日夜にトルコのイスタンブル・アタチュルク空港で起きた銃撃・自爆テロ事件は「イスラーム国」の犯行と見られるが、ジハードの共通理念に共鳴して各地の多種多様な勢力が集まる「イスラーム国」については、「どのような」主体が今回の事件を行ったかがより重要である。…
続きを読む>>
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top