池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター グローバルセキュリティ・宗教分野教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』(同)などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

トルコは西欧との難民合意を延命させて交渉のカードを握り続ける

トルコと西欧が火花を散らしていた、難民合意でトルコが担う役務の代償として約束されたトルコ人のEUビザなし渡航の実施についての交渉は、なおも続くようだ。2016年3月18日に結ばれたトルコとEUの難民合意は、EUが掲げてきた人権理念の美名の「裏側」を曝け出すものであると…
続きを読む>>

トルコ・イスタンブルで欧州・アジアをつなぐ地下トンネル開通・合弁相手は韓国企業

隣国ではシリア内戦とクルド人勢力の台頭、「イスラーム国」の猛威、国内ではクーデタ未遂、クルド分離派との抗争、そして相次ぐ各種のテロ・・・とトルコの内憂外患が著しいが、エルドアン政権の真骨頂である「開発土建政治」は着々と進んでいる。その目玉は広域イスタンブル…
続きを読む>>

トルコの首都アンカラでロシア大使が射殺される

12月19日の午後7時ごろ、アンカラの中心部チャンカヤ区にある文化センターで、ロシアの駐トルコ大使のアンドレイ・カルロフ氏が銃撃され、死亡した。犯人も現場で射殺(あるいは"neutralize”)された模様。犯人は「アレッポを忘れるな!シリアを忘れるな!我々の兄弟が安全…
続きを読む>>

ヨルダンの観光地カラク城で銃撃戦

12月18日、ヨルダンの著名な観光地カラク城付近で銃撃戦があり、犯行集団が一時カラク城に立て籠もった。少なくとも10人が死亡し、そのうち一人がカナダ人観光客であると確認されている。その他の死者の多くは警察官か犯行集団で、必ずしも観光客を直接狙った無差別テロとは言…
続きを読む>>

マリの言語と民族構成について(福井慶則さんより)

マリのティンブクトゥ(トンブクトゥ)を舞台にした映画『Timbuktu(禁じられた歌声)』について、先日この欄で書いたところ(「マリ北部紛争を描いた映画『禁じられた歌声』が描くイスラーム世界のバベルの塔」2016年12月10日)、フェイスブック上でつながっている福井慶則さ…
続きを読む>>

マリ北部紛争を描いた映画『禁じられた歌声』が描くイスラーム世界のバベルの塔

今日は、ある大学のゼミが企画して行っている映画祭で、企画の学生たちからの依頼を受けて、近年のイスラーム主義過激派のジハードにまつわる映画を見て、トークを行ってきた。 下調べや、実際に映画を見て読み取った内容をメモにしてあるのだが、トークでは時間も短かったた…
続きを読む>>

フランスの大統領候補フィヨン元首相にとって植民地支配とは「文化を共有する」こと

2017年春に投票が予定されるフランスの大統領選挙に向けて、11月20日と27日に行われた右派政党「共和主義者」(旧「大衆運動連合」)の予備選では、フィヨン元首相が急激に台頭して圧勝した。社会党はオランド元大統領が不出馬を表明するほど不評である。現時点ではフィヨン元…
続きを読む>>

イスラエルはシリア・ダマスカス近郊の空爆でロシア供与の対空ミサイル・システムを試す

11月29日に、イスラエルがシリアのダマスカス近郊、サブーラ(As'saboura, Al-Sabura)などを空爆したことが判明している。ターゲットはレバノンのシーア派民兵組織ヒズブッラーで、イスラエルにとって許容しがたい兵器を獲得したと見られたことから攻撃に踏み切ったとも言われ…
続きを読む>>

世界の「壁」を中東から考える(6)エジプトのガザの壁は地下深く伸びる

今回はエジプトを見てみよう。エジプトの「壁」は、パレスチナ自治区ガザとの国境線付近に築かれている。特徴的なのはエジプト政府は、地上に高くそびえる壁を整備するより前にまず、地下に深く掘って壁を作ったことだ。地下に掘ると言っても堀ではなく、れっきとした壁である…
続きを読む>>

南スーダン派遣の陸上自衛隊部隊への「駆けつけ警護」任務付与を英紙報道はあらぬ方向に誤解

この欄では英語圏の主要紙の報道を素材に、日本語の報道ではあまり得られない中東に関する情報や視点を示すことが多いが、もちろん、英語圏の主要紙は万能ではない。英語圏の報道は歴史的に勢力圏としてきた中東やアフリカには強いが、日本あるいは東アジアについての報道では…
続きを読む>>

世界の「壁」をめぐるドキュメンタリー:12月2日(金)午後5時からの再放送をお見逃しなく

ここのところ不定期に「世界の『壁』を中東から考える」と題した連作メモを「中東通信」や「中東の部屋」に載せているが、ここのところNHK-BS1の「世界のドキュメンタリー」では、これに重なるテーマの海外ドキュメンタリーを何本か放送している。本連載に興味を持たれた方で…
続きを読む>>

トルコが毎日3000人の難民をギリシアに送りつける?

トルコとEUの泥仕合いが続く。11月24日に欧州議会はトルコとの加盟交渉を凍結するよう呼びかける決議を採択した。決議に拘束力はないが、EU各国の世論の表出であり、EUと各加盟国の行動を道義的に制約しかねない。そして何よりも、トルコの政権や世論に与える影響は大きい。こ…
続きを読む>>

OPEC総会の「減産」合意に実効性はあるか

11月30日にウィーンで開かれているOPECの年次総会で石油減産(増産凍結というべきかもしれないが)が合意された(あるいは合意されつつある)との報道がある。ただし会議はまだ続いているようだ。前日には合意の不調の見通しで先物市場が4%の急落、逆に30日には合意の報道で…
続きを読む>>

世界の「壁」を中東から考える(5)チュニジアの壁を米国の監視技術とドローンが見張る

中東の「壁」をめぐる本シリーズだが、今回はチュニジアである。チュニジアのバージー・カーイド・アッ=セブシー大統領は11月22日、チュニジアのリビアとの国境地帯を米国のドローン(無人機)が監視し、「イスラーム国」の浸透に対処していると認めた。ドローンの導入は、既…
続きを読む>>

トランプの就任100日計画に中東問題は不在

11月21日にトランプ米次期大統領が公開したビデオで、就任直後100日の政策の概要が語られたが、そこには中東政策は含まれなかった。今回のビデオで挙げられた6項目は、TPP破棄、地球温暖化対策の規制の終了、企業への規制緩和、サイバー攻撃への対処、移民のビザ制度の見直し…
続きを読む>>

「ムスリム・デモクラッツ」のネットワーク会議でオブザーバー的コメント

昨日と今日は、虎ノ門の笹川平和財団で「第3回ムスリム・デモクラット世界フォーラム(The World Forum for Muslim Democrats)」に出席しており、今日は午前中のパネルに登壇して発言し質疑応答に応えるなどしていた。風邪を引いて喉をやられて声が出なくなり、登壇できるか…
続きを読む>>

世界の「壁」を中東から考える(4)レバノン政府がパレスチナ難民キャンプを壁で囲む

「壁」をキーワードにしてニュースを見ていると、各地でそれぞれの政治情勢を反映した理由で、壁が建設されている。11月初頭に、レバノンの南部の地中海岸の街スィドン(サイダーとも呼ばれる)の南東アイン・ヒルウェ(Ain al-Hilwe)にある、国内最大規模のパレスチナ難民キ…
続きを読む>>

世界の「壁」を中東から考える(3):モロッコのスペイン飛び地・セウタとメリリャ

中東・北アフリカと西欧は、地中海によって隔てられている。しかしスペインがモロッコを植民地にしていた名残で、メリリャとセウタがモロッコの中にスペイン領の飛び地として残っている。ここにアフリカ各地から、西欧への移民を試みる者たちが押し寄せる。二つの飛び地には何…
続きを読む>>

「アラブの春」の経済的代償は6000億ドルを超す?

国連機関の西アジア経済社会委員会(ESCWA:本部ベイルート)が最近発表した報告書で、「アラブの春」がもたらした経済的損失を6140億ドルと試算したことが話題になっている。“Arab Spring ‘cost region $600bn' in lost growth, UN says,” BBC, 11 November 2016.“ESCWA:…
続きを読む>>

シリア北部でクルド人組織がユーフラテス河以東に撤退・トルコとの棲み分け進む

シリア北部、アレッポ北方のマンビジュを制圧していたクルド人部隊YPG(人民防衛隊)が、マンビジュでの現地部隊の訓練を終えたとして撤退し、ユーフラテス河以東に移動し、クルド人勢力が主導して開始されている、「イスラーム国」のラッカの拠点の制圧作戦に加わる模様だ。1…
続きを読む>>
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top