自害に追い込んだ長屋王の「祟り」か、首謀者の藤原武智麻呂(写真・栄山寺蔵)は天然痘に苦しんで没した

 風邪は万病の元とはよくいったもので、長い間人類は、風邪やインフルエンザに苦しめられてきた。

『三代実録』(平安時代の官撰史書)の貞観4年(862)条に、人びとが咳逆(しはぶき=咳の病。インフルエンザだろう)に冒され、大勢亡くなったとある。10年後にも、咳逆が流行し、死者が出ている。今も昔も、人間の命は、はかない。科学や医学が進歩し、人類が食物連鎖の頂点に君臨しても、結局、微小な生物には勝てないのだ。

 ちなみに、この咳の病、渤海(ぼっかい=中国の東北地方を中心に朝鮮半島北部からロシア沿海州にかけて存在した国)の人びとがもちこんだと噂されていたという。新しい病が海の外からやってくることを、列島人は経験から知っていたのだろう。

 また、新型コロナウイルス騒動で再確認できたのは、パニックになると人間は愚行に走るということだ。デマが横行し、使い捨てマスクやトイレットペーパーの買い占めが起きている。オイルショックの反省が活かされなかったのは、じつに嘆かわしい。

「藤原四子」の陰謀

 この混乱の中、奇妙な形で奈良時代の亡霊が現代に蘇っている。冤罪で一家全滅の憂き目に遭った長屋王(ながやおう=676/684~729)だ。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。