「遅くても2022年までに」実用化秒読みに入ったデジタル人民元

アメリカ慎重、EUは前のめり。「中央銀行デジタル通貨」の国際標準争いも

執筆者:中島真志2021年3月5日
新華網が報じたカード式デバイス(新華網「数字人民币来了,这种钱怎么花?」より)

 

 中国では「デジタル人民元」の実用化に向けたパイロット実験が一段と本格化してきており、日ごとに実現に近づいているようだ。

 デジタル人民元は、中国人民銀行が発行を目指している「中央銀行デジタル通貨」(CBDC:Central Bank Digital Currency)だ。CBDCとは、中央銀行が発行し、デジタル形態をとる法定デジタル通貨である。簡単に言えば、現金(銀行券)をデジタル化したものと言える。人々は、スマートフォンに専用アプリを入れ、電子ウォレットで残高を管理し、個人間の送金や店舗での支払いに充てることになる。

 この2月には、深圳と北京において、デジタル人民元を多数の国民に無料で配布し、実際に店舗などで使わせてみるという大規模なパイロット実験が行われた。

 深圳では、10万人に対して1人200元(約3000円)が配布され、配布の総額は2000万元(約3億円)にのぼる。一方、北京でも、5万人に200元ずつが配布され、総額1000万元(約1億5000万円)が配布された。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。