聖林寺十一面観音と三輪山信仰の謎

執筆者:関裕二2021年7月23日
山そのものがご神体の三輪山(筆者撮影、以下同)

 2021年6月22日(火)から9月12日(日)にかけて、東京国立博物館で、特別展「国宝 聖林寺十一面観音 三輪山信仰のみほとけ」が開かれている。

 白洲正子も「世の中にこんな美しいものがあるのかと、私はただ茫然とみとれていた」(白洲信哉編『白洲正子 祈りの道』新潮社とんぼの本)と絶賛するほどの、日本を代表する仏像だ。

十一面観音菩薩立像がもともと安置されていた、大御輪寺跡(現在は大田田根子・大神神社若宮)

 今は聖林寺(奈良県桜井市)に祀られる国宝十一面観音菩薩立像だが、もともとは三輪山麓の大神[おおみわ]神社の神宮寺「大御輪寺[だいごりんじ]」に安置されていた。明治の廃仏毀釈の難から逃れるために、縁のある聖林寺に移された。

 今回の特別展が「三輪山信仰」を意識していることも、興味深い。三輪山の禁足地の貴重な出土品も展示されている。三輪山は、仏教伝来以前から続く信仰の山だ。東博のホームページには、古い神社には建造物がなかったこと、山、滝、樹木などに神が宿ると信じられていたことが記されている。

 たしかにその通りで、大神神社は、いまだに本殿を建てていない。鳥居をくぐった先に見える立派な建物は拝殿で、みな拝んでいるのは三輪山なのだ。

 ただし三輪山信仰を自然崇拝という視点だけで語るのは、大きな誤りだ。というのも、ヤマト建国は三輪山山麓の扇状地(纏向[まきむく])で起きた事件であり、ヤマト黎明期の政権は、三輪山祭祀を重視していたからだ。国家が創作した「神道」の起源は、ここに求めるべきなのかもしれない。三輪山信仰は、きわめて政治色が強い。

 実在の初代王と目される崇神天皇の時代、国内で疫病が蔓延し、人口が半減するほどの苦しみを味わった。そこで崇神天皇は祟る神(大物主神[おおものぬしのかみ])を三輪で祀ったのだ。

 都を霊山・三輪山麓の纏向に定め、国を挙げて三輪山の大物主神を祀った。ヤマト建国時、もっとも神聖視した場所が三輪山であり、のちに大神神社や神宮寺が建てられ、十一面観音菩薩立像が安置されたわけだ。

恐れ、祀りあげられた「神の中の神」

 3世紀初頭、ヤマトの纏向に多くの人々や首長が集まって、新たな連合体が生まれた。埋葬文化を寄せ集めて、前方後円墳を生みだした。だから、信仰も新たに組みたてられた。その中心に位置していたのが、三輪山だった。ただ、三輪信仰には、いくつもの謎がある。

 まず、主祭神が大物主神で出雲系だったことだ。『日本書紀』神話に、出雲神は皇祖神の敵として登場する。その出雲の神がなぜ祟り、なぜヤマト政権は丁重に祀ったのだろう。

纏向の箸墓。左後方には三輪山

 大物主神は纏向の箸墓[はしはか](箸中山古墳)にもかかわってくる。大物主神は倭迹迹日百襲姫命[やまとととひももそひめのみこと](第七代孝霊天皇の皇女)と結婚する。ところがここで、悲劇的な事態を招いてしまう。大物主神が明るい時間にやってこないため、倭迹迹日百襲姫命は「お姿を拝見したい」と申し出た。すると大物主神は、小蛇[おろち]となって現れた。倭迹迹日百襲姫命は驚き、大物主神は「恥をかかされた」と、怒って帰って行く。倭迹迹日百襲姫命は驚いた拍子に尻餅をつき、その時に箸がホト(陰部)に突き刺さって、息を引き取る。そこで箸墓を造営したのである。

 ところで、大物主神は出雲の大国主神[おおくにぬしのかみ]と同じだと『日本書紀』はいうが、神格に大きな差がある。「大国主神」は「国の主」なのに対し、大物主神は「物の主」だ。現代人は物より国の方が大きいと考えるが、古代人の理屈はそうならない。「万物」に精霊や神が宿ると信じ、「物」は、神や鬼を意味する言葉になった。「物語」や「物思い」「物の怪」も、神や精霊とかかわり深い言葉である。つまり、大物主神とは「大きな物=神の中の主」であり、「出雲の地方神」の枠に収まらない。神の中の神だった。

 連載中述べてきたように、出雲神話の舞台は旧出雲国ではなく、日本海全体と考えた方が理にかなっている。また、考古学はヤマト建国後の日本海の衰退と瀬戸内海勢力の繁栄を指摘している。日本海勢力(北部九州沿岸部から北陸にかけて)は主導権争いに敗れたのだ。だから日本海の大物主神は祟りをもたらすと信じられ、ヤマト政権は恐れ、もっとも尊い神として三輪山に祀りあげたのだろう。

異性2柱の太陽神がなぜ「一体分身」なのか

 三輪山は、太陽信仰の場でもあった。たとえば三輪山の西側に「鏡」と関わりの深い神社がふたつあり、三輪山とつなげると正三角形を形成する。ちなみに鏡は、太陽信仰の象徴である。それぞれの神社から三輪山を見やると、夏至や冬至の日の出が観察できる。さらに弥生時代の奈良盆地を代表する環濠集落「唐古・鍵[からこ・かぎ]遺跡(奈良県磯城郡田原本町)」に立てば、冬至に三輪山から太陽が昇る。

 ならば大物主神は、太陽神なのだろうか。日本を代表する太陽神は、伊勢神宮の天照大神ではないのか。伊勢神宮と大神神社、ふたつの太陽信仰をどう捉えればよいのだろう。

 三輪流神道の教義に「伊勢と三輪の神は、一体分身(同じなのに分かれている)」がある。伊勢で祀られるのは女性の太陽神・天照大神で、大神神社の祭神・大物主神は男神だ。なぜ性別の異なる2柱の神が、一体分身なのだろう。もちろん通説はこの言い伝えを笑殺してしまっている。ところが天照大神を男神とみなす伝承は、意外に多い。京都の祇園祭の山鉾に、ヒゲを生やした天照大神が鎮座しているのはよく知られている。

 天皇は娘や親族の女性を、伊勢の神に仕えさせた。これが、伊勢斎宮(三重県明和町)の斎王だ。独身女性の中から選ばれ、原則として生涯独身を求められたのは、神の妻(巫女)になるからだろう。斎王のもとに伊勢の神が夜な夜な通ってきて、朝になるとウロコが残っていたと言い伝えられてきた。この話、倭迹迹日百襲姫命の夫(大物主神)が小蛇だったという話を思い出す。三輪の大物主神は伊勢の神でもあり、だからウロコを斎王の寝床に落としてきたと、語られていたのだろう。

「大物主神」は幽閉された?

 長野県長野市に三輪の地名があり、美和[みわ]神社が鎮座する。祭神は大物主神で、伝承によれば、祭神に「忿怒[ふんぬ]の心」があったから、丁重に祀りあげたという。また、三輪時丸なる者が善光寺に参詣し(7世紀、あるいは8世紀か?)、そのままこの地に住み、また御神体を持って来てしまったため、それ以来、大神神社は空っぽだという。これはいったい、何を言っているのだろう。

 持統6年(692)に、持統女帝が伊勢行幸を目論むと、中納言大神朝臣高市麻呂[おおみわのあそみたけちまろ]は反発し、冠位を脱いで(職を賭して)諫言している(『日本書紀』)。

 伊勢神宮といえば、太古の昔から存在していたと思われがちだが、現実に整備されたのは天武・持統朝とわかっていて、持統天皇の行幸が、大きな節目になったと思われる。それを大物主神の末裔の大神朝臣高市麻呂が、必死にくい止めようとしたのだ。祭祀の中心が、大神神社から伊勢神宮に移る転換点だったのではあるまいか。

 持統天皇を補佐していた藤原不比等は『日本書紀』編纂を主導したが、その中で本来男性であった太陽神は、女性にすり替えられてしまう。それは、持統女帝を天照大神になぞらえるためだろう。持統から始まる「親藤原(中臣)政権」の正統性を証明するために必要な作業だった。藤原氏は近世に至るまで、朝堂を支配し、中臣氏は伊勢神宮祭祀を差配してきた。当然、彼らの言い分(ウソ)が、「真実」としてまかり通ってきたわけだ。

 神道祭祀の中心に立ちつづけた大神神社は、ここで零落したのだろう。そして主祭神の大物主神は伊勢に「幽閉」され、女装を強いられたにちがいない。長野に移された御神体に「忿怒の心」があり、三輪と伊勢が一体分身と囁かれ続け、斎王の元に夜な夜な通ってくる伊勢の神が大物主神と同じ「小蛇」だった謎は、これで氷解する。

 

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。