「もう働く必要はない」と大統領に言われ、ホワイトハウスを去ったボルトン前補佐官 (C)AFP=時事

 

 ジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の解任騒ぎ。直接的には、ドナルド・トランプ米大統領が大統領山荘キャンプ・デービッドでアフガニスタン和平会議を開催する計画をめぐって、前補佐官と対立したことが原因だった。

 そもそも、和平会議と言っても、綿密に計画が練られたものではなく、トランプ大統領が9.11テロ18周年の祈念日を前に、思い付いたのが発端。具体的にどれほどの準備作業が進められたかどうか、明らかではない。

 来年の米大統領選挙を前に、目立った成果を上げられないトランプ大統領の窮状を象徴するかのような出来事だった。

アフガン政府と他のテロ組織は不参加

 イスラム教武装勢力タリバンとの和平協議はカタールの首都ドーハで、昨年10月以来9回にわたって行われてきた。米国の代表は、非白人の戦略家としても著名な、アフガニスタン系のザルメイ・カリルザド米和平担当特別代表。

 9月1日終了した協議の後、カリルザド特別代表は、大筋合意に達し、合意文書もできた、と発表した。それによると、タリバン側がテロ行為を慎むことを約束するのと引き換えに、駐留米軍約1万4000人のうち5000人を和平合意後135日以内に削減することで合意した、という。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。