カフェで一息つくにも、QRコード認証が必要なほど徹底管理(筆者撮影)
 

 前回でも触れましたが、この3月から、生活の基盤を東京からソウルへ移しました。

 日本では変異株による新型コロナウイルスの「第4波」で東京や大阪などに緊急事態宣言が出されました。こちらでも「本当に東京オリンピックやるんですか?」という質問をたくさん受けるようになりました。

 韓国も似たような状態です。コロナ第1波では、韓国は台湾などと並んで感染拡大防止の優等生でした。文在寅(ムン・ジェイン)政権は「K防疫」を自慢していましたが、ワクチン確保で出遅れて、日本同様に批判を受けています。4月28日には新規感染者が773人になりました。韓国の人口は約5000万人ですから、人口比を考えると、新規感染者が700人台ということは日本では2000人以上に相当します。

 新型コロナに関係する市民の日常生活での規制は、日本より少し厳しいかなという感じです。僕は2月中旬に韓国に入国し、2週間の隔離を経て、3月から自由に動くことができるようになりました。

 隔離が解除された直後に、妻と一緒にソウルの中心街、光化門近くのカフェに入りました。しかし、“身元確認のできるQRコードがないと入店できない”といわれてしまいました。“日本から来たばかりで、僕の携帯にはQRコードがない”というと、“携帯の電話番号を書け”といいます。しかし、僕は隔離が明けたばかりで、まだ韓国の携帯番号を持っていませんでした。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。