【今月の2冊】 「政策提言型知識人」の渾身の国家論

2000年7月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

「国家を巡る環境が激変の最中にあるのは事実である。しかし、それにもかかわらず、われわれが『国家』とは無縁に生を送ることができるようになるなどという議論は、現実の基盤を欠いた空理空論と呼ぶべきものである。『国家』は、われわれにとって、少なくとも予見できる将来に至るまでは『必要な存在』であり続ける」(櫻田淳『国家への意志』中央公論新社刊 一八〇〇円) これまで仕えてきた自民党代議士が今回の選挙で落選したため、政策担当秘書の職は失ったが、一貫して「政策提言型知識人」として活躍を続ける著者による、渾身の国家論である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順