池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学准教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

紅海岸の地名に馴染むには『アラビアのロレンス』を

2017年8月2日 15:51
先ほどサウジの紅海岸リゾート開発計画についてのメモをこの「中東通信」欄に上げたが、ジェッダ、ラービグ、ヤンブー、ワジュフ・・・といった地名に馴染みがない読者も多いかもしれない。これらの地名を頭に入れるには、現在のヨルダン王家である、メッカの太守だったハーシ…

サウジアラビアが紅海岸リゾート開発計画を発表

2017年8月2日 15:09
8月1日、サウジアラビア国営通信(SPA)は、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子の肝入りプロジェクトとして、紅海岸リゾート開発計画を発表した。ブルームバーグの記事がより詳細である。"Saudi Arabia Plans a Huge Red Sea Beach Tourism Project," Bloomberg, August 1, 2…

トランプ政権の対イラン強硬派の中東政策顧問が更迭

2017年8月2日 13:34
7月27日に、トランプ政権の国家安全保障会議(NSC)で中東担当上級部長・大統領特別顧問を務めていたデレク・ハーヴェイ退役陸軍大佐が更迭されたと報じられた。"Derek Harvey Out at NSC: One of the smartest minds on Iraq gets the boot," Weekly Standard, July 27, 201…

UAEはガザのダハラーン元治安長官の帰還でハマース取り込み図る

2017年7月24日 15:16
UAEはエジプトやサウジアラビアと共に、カタールとその支援に部分的に頼るムスリム同胞団系諸勢力への攻勢を強めているが、パレスチナのガザを支配するハマースに対しては、かなり周到な工作を仕掛けているようだ。カタールに対して突きつけた13項目の要求では、ムスリム同胞…

カタールをめぐるGCCの分裂は長期化・恒常化

2017年7月24日 14:11
エルドアン大統領が7月23・24日にアラビア半島・ペルシア湾岸のGCC主要国を歴訪している。サウジ→クウェート→カタールという歴訪日程からは、サウジ・UAE主導の対カタール制裁の解除を目指す仲介外交と言っていいが、トルコ・エルドアン政権のムスリム同胞団との深い関係や…

中国がジブチに近く開く海軍基地のために艦船を派遣

2017年7月14日 21:53
中国がジブチで鉄道と港湾施設の建設、そして初の海外軍事拠点の開設の準備を進めていることについては、「中東通信」欄では様々に注目してきたが、近く海軍艦船の「保障基地」が開かれる模様である。7月11日に、広東省湛江の軍港で駐留部隊の出発式が行われたと広く報じられ…

イスラエルはシリア南西部の緩衝地帯にシリア人部隊を養成するか?

2017年7月12日 13:54
シリア南西部での停戦に関して、7月7日に米・露・ヨルダンの合意が発表され、9日に発効したが、この次の展開として注目されるのが、合意の実質的な当事者と目されているイスラエルの動きである。合意はシリアの南西部の3県を対象とするが、ここにはデラア県とスワイダー県に…

4年前のエジプトのクーデタ(2013年6月30日ー7月3日)を回顧する

2017年6月30日 23:59
「6月30日」はエジプトのスィースィー政権が正統性の根拠を置く出来事が生じた日である。2013年の6月30日にタハリール広場で行われた大規模デモは、エジプト軍が「アラブの春」を覆すために、その発生を黙認し支援し、しまいには扇動した、政治的な大衆動員だったと現時点から…

サウジ新皇太子任命に際しては公務員の給料カットを遡って全面撤回

2017年6月27日 21:27
6月21日の新皇太子任命にまつわる一連の施策では、皇太子と同年代で、初代国王からの世代としては一世代格下の第4世代の王子たちを、内務省と王宮府(4月にここにもテロ対策機関が設置され内務省から権限の一部を移した)に集めたこと、また将来の皇太子任命では国王と同一…

サウジの新内相はムハンマド皇太子に影のように付き従ってきた

2017年6月27日 20:45
6月21日に発表された、サウジの前皇太子(ムハンマド・ビン・ナーイフ)更迭と、息子のムハンマド新皇太子の任命に伴って行われた人事は、ムハンマド新皇太子と同年代の王子を、テロ対策を担当する内務省や総合情報局と、ムハンマド皇太子が父サルマーン国王と共に統治の任に…

サウジの国王–皇太子の親子での権力継承は「今回限り」とする基本法改正で反発を避ける

2017年6月23日 04:10
サウジの新皇太子擁立は、6月21日早朝にサウジ国営通信社(Saudi Press Agency; Wakala al-Anba' al-Saudiyya)から矢継ぎ早に配信された、16本の勅令によって明らかになった。第255号−第270号の16本の勅令は、全体としてみれば、前皇太子の解任と新皇太子の任命に始まり、初…

サウジのメディア・SNSは「忠誠の誓い(バイア)」の嵐

2017年6月23日 03:20
サウジ情勢を各種メディアを通じて観察していると、政治・国際関係の分析とは別に、私の本業でもあるイスラーム政治思想に関わる概念が飛び交うので、興味深い。国王の実子を皇太子に擁立し、次期国王を確定させたというこの場面では、次期国王の即位の際に行われる、伝統的な…

サウジ新皇太子の権力掌握は確かだが政策の結果には不安が

2017年6月23日 03:11
6月21日のサウジのムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子更迭と、サルマーン国王の実子のムハンマド・ビン・サルマーン副皇太子の皇太子への昇格は、長幼の序を重んじ、各世代で兄弟間で順に権力を継承してきた慣例を破り、米政府との関係も良かった前皇太子を排除して、若い新皇…

「イスラーム国」が今なぜ、イランを標的にするようになったのか?

2017年6月9日 01:03
6月7日のテヘランでのテロ(死者は17名に増えた)に関して「イスラーム国」が相次いで犯行声明を出しており、イランの捜査当局もこれを裏づける発表をしている。これまで「イスラーム国」はイランでテロを行ったことはなかった。そもそもシーア派かつイラン人が主体のイランで…

イラン国会・ホメイニ廟へのテロ犯人は「イスラーム国」でイラン人

2017年6月9日 00:37
6月7日のテヘランでのテロを行ったのは「イスラーム国」であり、実行犯はイラン人である、とイランの諜報当局が8日に明らかにした。"Iran attackers fought for Islamic State in Syria, Iraq: ministry," Reuters, June 8, 2017.該当部分は以下の部分で、要約すると、諜報当…

テヘランのテロでサウジへの疑念が高まる

2017年6月8日 01:41
テヘランの国会・ホメイニ廟同時テロで、「イスラーム国」のアゥマーク通信が声明を出しているが、やはり疑いはサウジに向けられている。イランの革命防衛隊は声明でサウジを名指しして容疑を向け、トランプ大統領との会合直後に「イスラーム国」が犯行を主張するテロが起きて…

イラン西部アフワーズ(フーゼスターン)の分離主義運動への波及に注意

2017年6月7日 23:11
6月7日のテヘランのテロとの関連は今のところまったく報道に出てきていないが、取り締まりの過程で紛争が激化する可能性があるので注意が必要なのは、イラン西部のフーゼスターン州・アフワーズ(Ahvaz; Ahwaz)である。この地域はイランの石油・天然ガスの多くを産出する地帯…

「イスラーム国」は対イラン攻撃の扇動を強めていたが

2017年6月7日 22:51
6月7日のテヘラン国会・ホメイニ廟へのテロは、実行主体も背後関係も分からない。「イスラーム国」の犯行声明も関係がはっきりしない。「イスラーム国」が今年に入ってから、ペルシア語でのプロパガンダを増やし、対イランの宣伝を行っていたことは確かだろう。Golnaz Esfandi…

イランで国会とホメイニ廟への襲撃と自爆:イスラーム革命期以来のテロ

2017年6月7日 22:39
6月7日朝、イランの首都テヘランで重要な象徴的意味を持つ標的少なくとも2カ所に対して同時に攻撃が行われた。国会とホメイニ廟にそれぞれ複数の犯人が侵入し、銃撃の上、自爆(一部に薬物による自殺も含まれるという情報がある)した。午後に銃撃戦が終結した段階で、12名が…

「火のないところに煙は立たず」と「嘘から出た実」

2017年6月7日 22:15
サウジ・UAEとカタールの間の泥仕合は、発端のタミーム首長発言にしてもハッキング説が対置され、UAEやバハレーンの高官のメールやSNSアカウントも次々にハッキングされるなど、基礎的な情報が事実か否かすらも、判定することが困難である。不可解なことが多すぎる。トランプ…
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順