池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学准教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。

サウジアラビアはイスラエル便の上空通過許可を否定

2018年2月8日 02:42
昨日夜に、サウジアラビアがエア・インディアのデリー・テルアビブ便に上空通過許可を出した、とするイスラエル・ハアレツ紙の報道を紹介しておいたが、直後にサウジアラビア政府がこの報道を否定している。ハアレツの記事のタイトルも、続報を受けてタイトルが差し替えられて…
続きを読む>>

エジプト2011年革命の映像アーカイブ

2018年2月7日 22:29
エジプトの2011年の「1月25日革命」の映像アーカイブがインターネット上に公開された。【アーカイブへのリンク】チュニジアの政権崩壊に呼応し、「アラブの春」をアラブ世界全体に広げたエジプトの革命は、携帯電話のカメラなどによって、名もない一般の当事者によって、あら…
続きを読む>>

サウジアラビアがエア・インディアのイスラエル便に上空通過を許可

2018年2月7日 21:15
イスラエルのハアレツ紙によれば、サウジアラビアがインドのエア・インディアが開設するデリー・テルアビブ便に、サウジアラビアの上空通過を許可したという。これまでサウジアラビアはイスラエル発着の便に上空利用を許しておらず、初めてのケースになるという。"In Historic…
続きを読む>>

イエメン情勢分析に力を入れるシンクタンク

2018年1月31日 00:50
イエメンの内戦は構図が錯綜しており、現地の情勢も専門家以外には分かりにくい。昨日は英王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)の専門家によるレポートやウェブサイトでのインタラクティブな地図を紹介したが、他にも欧米のいくつかの有力シンクタンクがイエメン分析に力を…
続きを読む>>

イエメン内戦情勢の詳細レポートと地図

2018年1月30日 03:41
イエメン内戦の現状に関する英王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)の専門家による詳細なレポート。Peter Salisbury, Yemen: National Chaos, Local Order, 20 December 2017. レポートの中には詳細な地図が含まれるが、その一部の要素をインタラクティブな地図にして提供…
続きを読む>>

南北イエメンの深い溝を物語る5枚の地図

2018年1月30日 02:52
前のエントリでは1914年のイエメンの地図を紹介したが、その後のイエメンの南北のそれぞれの発展(および1990年代の統一と現在の分裂)について、地図で解説したウェブサイトがある。Yemen: From the Independence Day to the Houthi Insurgency, edmaps.comこのサイトでは5…
続きを読む>>

イエメンをめぐるサウジとUAEの相違の根源を100年前の地図に探る

2018年1月30日 02:48
イエメンへの軍事介入におけるサウジとUAEの足並みの乱れが、南部アデンに仮の政府を置いてきたハーディー政権と南部分離派との間の衝突に至ったことを記しておいたが、サウジとUAEは今でこそGCCの中でも主要な同盟国として一体化を進めているように見えるが、歴史的にはかな…
続きを読む>>

イエメン内戦への軍事介入でサウジ・UAEが同士討ち

2018年1月30日 01:35
1月28日、イエメンの南部分離派勢力が、南部の中心都市アデンの、ハーディー政権が暫定的に拠点としている政府庁舎を、軍事衝突の末、占領した。政府庁舎を奪われた側のハーディー政権のビン・ダグル首相は、これをクーデタと非難した。これはイエメン内戦の新たな展開である…
続きを読む>>

揺らぐリベラル国際秩序を支える「2人の指導者」とは?

2018年1月23日 02:20
中東の部屋に掲載した論考「対中東政策が日本外交の『6本目』の柱に」へのさらなる補足。余談として、日本では「リベラル派」から「ヒトラー」とまで罵られることのある安倍晋三首相が、リベラル国際秩序を理論化した著名な国際政治学者でプリンストン大学教授のジョン・アイ…
続きを読む>>

国会での外交演説を過去まで遡るには

2018年1月23日 01:24
先ほどは今国会の冒頭の外交演説を取り上げたが、こういった首相や外相の演説は、1つ1つを取れば総花的に多くの課題に触れなければならないので、個々の部分はそれほど深く掘り下げたものではなく、正直に言って興味が湧くものは少ないが、長期間にわたって趨勢を見ていくと、…
続きを読む>>

外交演説の対中東外交をめぐる部分

2018年1月23日 01:13
さきほど「中東の部屋」に掲載した論考で、河野外相の外交演説を取り上げた(「対中東政策が日本外交の6本目の柱に」『フォーサイト』2018年1月22日)が、演説の該当箇所をここに転載しておこう。【外務省ウェブサイトより】 5つ目として、私は、対中東政策を抜本的に強化し…
続きを読む>>

2018年の中東はもちろん課題山積

2018年1月18日 15:09
中東諸国のニュースやオピニオンを英語で解説してくれる便利なウェブサイトとしてすっかり定着したAl-Monitorが、2018年の中東の課題を展望している。中東各地で現地に密着した多くの書き手を抱えているためもあるのだろうが、列挙される課題は52もある。 "Al-Monitor's 2018…
続きを読む>>

エルドアンのアフリカ戦略がスーダンの紅海岸スワーキン島に及ぶ

2017年12月27日 02:19
トルコのエルドアン大統領が12月24日からアフリカ諸国(4日間でスーダン、チャド、チュニジアを廻る予定)を訪問しているが、最初の訪問地スーダンで、興味深い動きを見せた。スーダンの紅海岸の歴史的な港湾都市スワーキン(サワーキン)島の再建を、トルコが行う合意を結ん…
続きを読む>>

トランプはエルサレム首都承認と大使館移転の意志表明した直後に大使館移転繰り延べ命令に署名

2017年12月8日 01:53
トランプは12月6日に署名した宣言文および演説でエルサレムを首都と認め、大使館のエルサレム移転の決意を表明したが、その直後に、1995年に議会が可決した「エルサレム大使館法」の適用を6カ月免除する大統領令にも署名している。これは「エルサレム大使館法」の規定により…
続きを読む>>

トランプのエルサレム首都承認の宣言文と演説テキストの違い

2017年12月8日 01:30
12月6日の米トランプ大統領の演説の内容は、事前に公開しておいた「中東―危機の震源を読む(94) トランプがエルサレムを首都承認した後に何が起こるか」で書いておいた通りであったため、それほど付け加えることはないが、「中東通信」欄で、あらためて演説の本文内容・構成…
続きを読む>>

米国はイスラエルにトランプ演説への反応を抑制するように水面下で要請

2017年12月8日 01:20
米トランプ大統領は12月6日の演説でエルサレムをイスラエルの首都と認めたが、これに対しては予想された、あるいは危惧されていた反発が、随所から表明されている(例えばパレスチナ・ガザを支配するハマースによる反応)。それらが形式や表向きの意見表明なのか、具体的な対…
続きを読む>>

トランプは演説でエルサレムと「東エルサレム」を分離できるか

2017年12月7日 00:45
トランプの演説を待たずにエルサレム首都承認問題について、連載「中東 危機の震源を読む」に論考「トランプがエルサレムを首都承認した後に何が起こるか」を掲載しておいた。補足しておくと、米国東部時間6日午後1時から(日本時間7日午前3時から)行われると見られるトラン…
続きを読む>>

米中東学会のプログラムの「薄さ」に感じる米国の中東離れ

2017年11月27日 21:17
ワシントンDCとロンドンを駆け足で回る、世界一周の出張から戻ったところである。訪問先・調査の内容はそのまま表に出してはならないものが多いので、ここにはまだ書けないのだが、一つだけ気になったことを記しておこう。それはワシントンDCで覗いてみた北米中東学会(MESA:…
続きを読む>>

レバノン情勢の緊迫:サウジは対イラン・ヒズブッラー強硬姿勢を強める

2017年11月10日 00:21
サウジがレバノン在住の国民に、即座に退去するよう指令を出した。サウジの対イラン・対ヒズブッラーの政策は緊迫の度を急速に高めている。11月4日、サウジが多数の要人を拘束した政変と同日に、レバノン問題でも大きな動きがあった。この日、サウジのリヤードを訪問中のサア…
続きを読む>>

サウジの「汚職追及」で大メディア所有者が軒並み対象に

2017年11月9日 23:55
11月4日夜のサウジの王族・閣僚経験者・企業家の大量拘束で、アラブ世界全体に影響力を持つ汎アラブ・メディア産業の所有者たちが軒並み逮捕されたことは気になる。汎アラブ・メディアというとカタールが出資したアル=ジャジーラが有名だが、サウジの企業家・財閥も汎アラブ…
続きを読む>>
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top