会員制国際情報サイト
-最新の注目記事-

「ポデスタ大統領顧問」辞任と「クリントン氏出馬表明」のタイミング

 2014年1月から1年間、大統領顧問としてオバマ大統領をホワイトハウスで支えてきたジョン・ポデスタ氏が、2月初旬にホワイトハウスを去ることが1月13日に明らかになった。後任には、大統領上級顧問という立場で行政管理予算局(OMB)の副局長に就任していたブライアン・ディーズ氏が起用された。元々、オバ…

続きを読む

「医療事故」と「警察」と「医師法21条」

 医師法21条: 医師は、死体又は妊娠4月以上の死産児を検案して異状があると認めたときは、24時間以内に所轄警察署に届け出なければならない。 この医師法21条に関する解釈をめぐって、長年、医療界では…

続きを読む

ギリシャ現地レポート:「破綻国家」を救うのは「EU」か「中国」か

[アテネ発]1月25日に投開票が行われたギリシャ総選挙では、反緊縮派の急進左派連合(SYRIZA)が過半数に迫る勝利を収め、チプラス党首(40)が首相に就任した。欧州連合(EU)による財政再建と構造…

続きを読む

人質事件の行方:安倍首相の試練

 日本政府は、「イスラム国」を名乗る非国家主体暴力集団を「ISIL」と呼称することになった。筆者も、この集団をISILと呼び今回の事件を考えたい。  日本のメディアには、事件発生直後から「…

続きを読む

「人手不足」と外国人(6)新聞は絶対書かない「留学生」の「違法新聞配達」

 介護施設や建設現場、深夜も稼働する工場や宅配便の仕分け作業……。普段の生活では接点の乏しい職場で、外国人労働者が確実に増えている。しかも彼らは「労働者」として日本に入国していない。今や留学生の存在…

続きを読む

頑張ったインド――これだけ進んだ交通インフラ整備

 ガバナンスから市民生活まで、まさに突っ込みどころ満載のインドに対して「ダメ出し」から入るのは実に簡単なことである。この国をけなそうと思う人が必ずやり玉に挙げるのが、劣悪なインフラ、特に交通事情だ。…

続きを読む

ECB量的緩和:不気味な「ドイツ」と「EU」の距離感

 欧州中央銀行(ECB)が量的緩和に踏み切った。ECBがデフレ対策で国債を買い入れるのは1999年の単一通貨ユーロ導入以降初めてで、ユーロ圏の金融政策は新たな次元に突入した。今回の決定は構造改革論を…

続きを読む

「イスラム国」人質事件背景にある中東「若年層の突出」問題

低迷「日本株」は海外投資家に見捨てられるのか

組織の「ミッション=使命」を明確にすべし

表面をみているだけではわからないニュースの本質を専門家の視点で読み解き、情報の水先案内をします。

アメリカの部屋

一覧へ

中南米の部屋

一覧へ

ヨーロッパの部屋

一覧へ

ロシアの部屋

一覧へ

中東の部屋

一覧へ

アフリカの部屋

一覧へ

中国の部屋

一覧へ

朝鮮半島の部屋

一覧へ

インドの部屋

一覧へ

東南アジアの部屋

一覧へ

インテリジェンスの部屋

一覧へ

行政ウォッチングの部屋

一覧へ

安全保障の部屋

一覧へ

日本外交の部屋

一覧へ

お知らせ

最新注目記事

最新コメント