会員制国際情報サイト
-最新の注目記事-

北朝鮮「最高人民会議」を終えて(上)「金慶喜」退出の危うさ

 北朝鮮は4月8日に朝鮮労働党政治局会議を開催し、翌日の9日に最高人民会議第13期第1回会議を平壌の万寿台議事堂で開催した。最高人民会議の第13期代議員(国会議員)は金正恩(キム・ジョンウン)体制に入って初めて改選されたメンバーである。昨年末の張成沢(チャン・ソンテク)氏の粛清、処刑もあり、金正恩…

続きを読む

台湾学生運動の敗者は「国民党」「民進党」そして「中国」

 中台サービス貿易協定の性急な推進に反対する学生たちが24日間にわたって「三権」の1つである立法院を占拠するという異例の事態は、馬英九政権から大幅な譲歩を引き出した学生側の「勝利」に終わった。ただ、…

続きを読む

タイ「シリントーン王女」突如訪中の意味

 タイのシリントーン王女が訪中した。タイの政治的混乱が小康状態に入った傍証と言えるかもしれない。前回の訪中は2013年4月で、その際には政権掌握を目前にした習近平主席(当時、副主席)と面談している。…

続きを読む

タイはどこへ行くのか――「ASEAN中枢国」の苦悩

 タイが出口の見えない政治混乱のなかで、苦しんでいる。首都バンコクと周辺地域に出されていた非常事態宣言は3月19日に解除されたものの、憲法裁判所 は2月2日に実施した総選挙を無効と判定、やり直しを命…

続きを読む

米若年層の「共和党離れ」がますます加速

 最近、米国の有権者の支持政党に関する世論調査で、ある特定の有権者層の政党支持の傾向が共和党の将来に不吉な兆しを示している。その1つは米ギャラップ社が今年3月28日に公表した若年層の政党支持に関する…

続きを読む

長いトンネルの先に見えてきた「インド航空業界」の光

 景気低迷による旅客の伸び悩みと値引き競争、他国に比べて割高な航空燃料や着陸料などを背景に各社が軒並み巨額の赤字に陥っていたインドの航空業界に、ようやく立ち直りの兆しが見えてきた。大手財閥タタ・グル…

続きを読む

深刻な低迷続く“AVメーカー御三家”問題の深層(シャープ編)

「経済一流、政治は二流」――。 高度成長期からバブル期に至る1960-80年代、世界へ躍進する日本企業とは裏腹に、永田町の相も変わらぬ派閥政治や金権体質を揶揄してこんな言い回しが流行った。日本経済の…

続きを読む

「原発利権」そっくりの「薬価統制」の闇

表面をみているだけではわからないニュースの本質を専門家の視点で読み解き、情報の水先案内をします。

アメリカの部屋

一覧へ

中南米の部屋

一覧へ

ヨーロッパの部屋

一覧へ

ロシアの部屋

一覧へ

中東の部屋

一覧へ

アフリカの部屋

一覧へ

中国の部屋

一覧へ

朝鮮半島の部屋

一覧へ

インドの部屋

一覧へ

東南アジアの部屋

一覧へ

インテリジェンスの部屋

一覧へ

行政ウォッチングの部屋

一覧へ

安全保障の部屋

一覧へ

お知らせ

最新注目記事

最新コメント