「感染症研究」で考える「内需依存型経済」から脱する道

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2015年11月17日
エリア: アフリカ

 2015年のノーベル医学生理学賞受賞が決まっている北里大学特別栄誉教授の大村智氏ら研究者3人の授賞式は、12月10日にストックホルムで行われる。日本のメディアでは当然ながら大村氏にスポットライトが当たるが、マラリアの治療薬アルテミシニンの発見で受賞する中国の女性研究者、屠呦呦氏の業績も、大村氏に優るとも劣らない偉業である。結核、HIVと並ぶ世界3大感染症のマラリアは、この薬の発見により、適切な治療を受ければ多くが完治する疾患となったからである。

マラリア死者は年間58万人

 個人的な経験談で恐縮だが、西アフリカのコートジボワールで仕事をしていた2006年6月、マラリアに罹患したことがある。南アフリカの自宅に戻って1週間ほどしたころ、微熱や肩凝りなど風邪のような症状があり、やがて40度近い高熱を発して倒れた。かかりつけの南ア人医師に簡易検査してもらったところマラリアであることが判明し、総合病院に緊急入院となった。

 マラリアは、単細胞真核生物のマラリア原虫がハマダラ蚊によって人体に注入され、赤血球に侵入すると発症する。原虫には熱帯熱、三日熱、四日熱、卵型の4種類があり、症状は少しずつ異なるが、どのタイプでも一定の潜伏期間後に高熱を発する点は共通している。ただし先述した通り、早期に治療薬を投与すれば大半の症例は完治が期待できるし、マラリアには経口予防薬も存在している。マラリア汚染地域に渡航する直前に規定量の服用を開始し、滞在中も飲み続けると、発症を抑えることができるのである。筆者が9年前に感染・発症したのは、予防薬を服用していなかったからであり、自身の怠慢による失態であった。

執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順