「心理戦略」にはまったトランプ候補:専門家を入れ周到準備のクリントン陣営

春名幹男
執筆者:春名幹男 2016年10月5日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 北米
第1回テレビ討論にあたり無策に過ぎたトランプ氏(左)と、周到だったクリントン氏 (c)AFP=時事

 

 問題発言に巨額の「節税」と劣勢の共和党ドナルド・トランプ候補(70)に対して、9月26日のテレビ討論以後は調子を取り戻した民主党ヒラリー・クリントン候補(68)。その舞台裏では、クリントン陣営が仕掛けた巧みな罠にトランプ候補がはまる、というすさまじい心理戦が展開されていた。

クリントン陣営の綿密な準備

 7月の両党党大会以後、クリントン氏がキープしていた大きいリードがメール問題などの再燃で約1カ月のうちに縮まり、9月初めには大接戦の様相を呈していた選挙戦。だが、その裏でクリントン陣営は、心理アナリストをチームに加え、邦題『トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ』(The Art of the Deal)の事実上の単独著者でジャーナリストのトニー・シュウォーツ氏らから助言を得るなど、テレビ討論に向けて綿密な準備を進めた。
 もちろんトランプ陣営も準備したが、候補者自身の姿勢は対照的だった。予備選での討論のやり方、強みと弱みを分析したトランプ氏のプロファイルを盛り込んだ膨大な「ブリーフィングブック」に基づき、長時間かけて練習を重ねたクリントン氏。これに対してトランプ氏は「準備をやり過ぎると危険だ。台本通りだと自分らしくない」などと記者団にうそぶいていたという。
 しかし過去の米大統領選では毎回「ブリーフィングブック」が重要な役割を演じている。これを基に、候補者は相手候補に似たタイプの人を仕立てて討論の練習をするからだ。
 1980年大統領選では現職カーター陣営のブリーフィングブックが盗まれてレーガン陣営に持ち込まれ、レーガン氏は討論でカーター氏を圧倒して、勝利した。この事件には情報機関の人物がかかわったといわれている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順