もはや「猟奇的な彼女」が普通?

執筆者:平井久志2021年7月25日
ピンス(韓国式かき氷)店で、出来上がったピンスを持って行く若い男性(筆者撮影)

 

 僕の知っている韓国は、儒教精神が根強く残っている国でした。家庭の内部ではオモニ(母親)の力が大きいのですが、人目に付く場所では、まだまだ男尊女卑の雰囲気が強く、男性上位だと思っていました。

韓国の若い男性はジェントルマン?

 ところが、韓国のカフェで面白い光景を目にしました。デートを終えたと思われる若い男女が出て行く時、コーヒーカップやゴミの片付けをしているのは若い男性でした。興味を抱いて、その後も出て行くカップルを見ていると、圧倒的に若い男の子が片付けをするケースが多いのです。女性の方は、当然とばかりに席に座っています。

 次はカルククス(韓国式のうどん)の店でのことです。僕の入った店は、キムチはお代わり自由で、セルフサービスでお代わりを持って来るスタイルの店でした。食事の途中で、なくなったキムチを補充に立ち上がるのは、女性ではなく、若い男性でした。

 韓国の夏の楽しみはピンス(韓国式のかき氷)です。日本のかき氷は氷の粒が大きく、溶ける前の氷が少しざらざらしていますが、韓国の氷は雪のように細かい上に、いろいろなトッピングがあり、とてもおいしいのです。ピンスの店では、どのかき氷を食べるか決めて、テーブルで完成を待つのですが、カップルの場合、カウンターにかき氷を取りに行くのも圧倒的に若い男性でした。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。