日本のインテリジェンス・コミュニティが異例の成果

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年6月14日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 「インテリジェンスに関するもので、コメントは控える」と言いながら、藤村修官房長官は表情を押し殺すように、にんまりした。あの顔がすべてを語っていた。日本のインテリジェンス・コミュニティが挙げた異例の成果だったからだ。

 4月15日の金日成北朝鮮国家主席生誕100年の軍事パレードに登場した新型弾道ミサイルの発射台車両が中国から輸出されていたことを示す証拠を日本が掴んでいたことがメディアの報道で明るみに出た。

 パレード後、新型ミサイルと発射台車両をめぐって、専門家が分析結果を公開。新型ミサイルは飛ばない「ハリボテ」であることで多くの専門家の意見がほぼ一致したことは先月のインテリジェンス・ナウ欄で紹介した(5月17日「北朝鮮『ハリボテ』は『見世物』か『開発段階の模擬ミサイル』か」)。

 発射台車両については「中国製」であることが分かっていた。しかし中国から輸出したことを示す明確な証拠の存在が今回初めて明らかになった。

 どうやら、日米韓の情報当局は中国から北朝鮮への武器輸出をチェックする工作を協力して展開しているようだ。ブッシュ前政権が開始した大量破壊兵器(WMD)の拡散防止構想(PSI)がなお事実上継続しているのかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順