ウラジオストクは「中国固有の領土」か

執筆者:フォーサイト編集部 2012年11月20日

 本日の更新記事は、短期集中連載「中国の領土問題」の第1回。名越健郎さんの「【ロシア】ウラジオストクは『中国固有の領土』か――始まった極東奪還闘争」です。9月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合が開催されたロシア極東の都市・ウラジオストクは、北京条約(1860年)によって、帝政ロシアが弱体化した清国から奪い取ったもので、もともと中国領。中国がある日突然、ウラジオストクを「中国固有の領土」として返還を要求しないとも限らず、中露間で歴史的なパワーシフトが進む中、ロシアにとって、尖閣問題は他人事ではありません。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「若手女性議員が『下院ナンバー4』に就任――共和党は変われるか」(足立正彦さん)の新エントリ。下院ナンバー4の下院共和党総会議長に43歳の女性議員が就任した米共和党。先の大統領選で大きく負け越した女性票の獲得に結び付けることはできるのでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順