木寺中国大使は「適材」か

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2012年12月12日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 先週、中国大使の赴任を控えた木寺昌人氏にインタビューをした。約1時間にわたって話を聞いたが、基本的には慎重さ、手堅さが際だつ内容だった。木寺氏のペースを崩せないかと思ってあれこれ変化球の質問を投げてみたが、さすがに赴任直前とあってガードが堅く、なかなか乗ってこなかった。

 唯一、話に引き込まれたのが、木寺氏の名前の「昌」の字が、中国の都市の武昌(武漢の一部)から取ったものだということ。木寺氏の生まれた日は1952年の10月10日。10月10日は双十節と呼ばれ、辛亥革命が武昌からスタートした日だ(武昌起義)。木寺氏の父親は孫文を尊敬していたという。その父親が双十節にちなんで「昌」の字を与えた。木寺氏はフランス留学組でチャイナスクールでもなく中国勤務の経験もないが、この名前にまつわる故事来歴は、これから木寺氏と会うことになる中国人たちを喜ばせるに違いない。

 私が思うに、日本の外交官は主に3つのタイプに分かれる。

 1つは、才気走ったところがあり、国家戦略や外交戦略を常に考え、先を見据えた手を打ちたがる軍師タイプだ。小泉政権時代に北朝鮮外交を仕切った田中均氏、現在、経済担当の外務審議官職にある鶴岡公二氏などがそれにあたる。こういう人たちとインタビューすると楽しい。才気が溢れ出してきて、回答の端々に「個」の自負がうかがえるからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順