「フォーラム」は13日に機能開放!

執筆者:フォーサイト編集部 2012年12月10日
 

フォーサイト会員の皆さまのための自由な交流の場「フォーサイトフォーラム」は、12月13日に会員の皆さま向けに機能を開放します。

 

フォーラムの楽しみ5つのポイント

 

1 トピックを立てる楽しみ

 

「フォーサイトフォーラム」は、自由な形式で社会問題に関する素朴な感想や、自分だけ知っている情報など、様々な話題を、「トピックを立てる」ボタンひとつで自由に投稿していただけます。 投稿した内容を読んだ他の会員さまが、トピックに対して反応コメントを書き込みます。 会員さま同士のやり取りの中心になってフォーサイト会員さまとの交流を深めていくという面白さがあります。 会員限定のサービスのため、話題が「荒れる」心配がありません。

 

2 独自の視点による情報発信の場に

 

会員さまだけが知る情報、独自の視点による話題を、「トピックを立てる」ことでフォーサイト記事と同様のデザイン形式で発表することができます。またシェアボタンにより、フォーサイト外のサイト配信もワンクリックで可能に。

 

3 書き込み履歴を一括閲覧

 

トピックを立てた会員さまは、トピックタイトルの下にお名前(ニックネーム/本名いずれも選択可能)が表示されます。お名前ボタンをクリックすることで、これまで立てたトピックをすべて一括閲覧することができます。長文投稿などは、フォーサイトフォーラムにまとめることで、発信管理が容易になります。

 

4 コメントをする楽しみ

 

閲覧はすべてのユーザに開放されていますが、書き込みができるのは会員さまのみが可能な機能です。他の掲示板機能とは違い、より高度なクオリティを保ってコメントのやり取りが可能となります。

 

5 フォーサイト執筆陣との交流

 

政治、経済、国際、IT問題などの多様な分野のエキスパートであるフォーサイトの執筆陣も、フォーラムへ参加するためのアカウントを保有しています。そのため、会員さまが提供した話題にフォーサイト執筆陣がコメントを付けるということもあるかもしれません。フォーサイトの執筆陣が、より身近な存在に。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順