政治をゼロから考える
政治をゼロから考える(13)

参議院は何のためにあるのか

宇野重規
執筆者:宇野重規 2013年1月15日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

質問 「参議院は何のために存在するのですか」

 

 今夏には参議院選が予定されています。多くの人が指摘しているように、昨年末の総選挙はそれ自体では完結していません。新政権は参院選に勝利してはじめて、衆参両院で多数派の基盤をもつ安定政権となります。それまでに政権が迷走すれば、参院選できびしい審判が下る可能性も否定できないでしょう。

 それにしても、参議院とは何のためにあるのでしょうか。しばしば、国会における立法を慎重なものにし、内閣と一体化した衆議院の暴走を防ぐ役割があると指摘されます。要するに、参議院に期待されているのは、ある種のチェック機能であるというわけです。

 しかしながら、近年よく耳にするのは、このチェック機能が強すぎて、逆に政権を不安定なものにしているという指摘です。

 

強すぎる参議院と「ねじれ国会」

 実際、ここのところ目立つのが、いわゆる「ねじれ国会」による政治の停滞です。衆参の両院で異なる党派が多数派を占めることが多くなっている結果、衆院の多数派に基礎をもつ内閣は、参院において強い抵抗を受けるようになっています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
宇野重規
宇野重規 1967年生れ。1996年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。著書に『政治哲学へ―現代フランスとの対話』(東京大学出版会、渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトン特別賞)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社、サントリー学芸賞)、『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書)、共編著に『希望学[1]』『希望学[4]』(ともに東京大学出版会)などがある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順