北朝鮮「新年の辞」を読む(下)「白い米」のために必要な外交課題

平井久志
執筆者:平井久志 2013年1月17日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島
 大統領選に勝利した翌日の昨年12月20日、父親の朴正熙元韓国大統領が眠るソウルの国立墓地を訪れた朴槿恵氏 (C)AFP=時事
大統領選に勝利した翌日の昨年12月20日、父親の朴正熙元韓国大統領が眠るソウルの国立墓地を訪れた朴槿恵氏 (C)AFP=時事

「新年の辞」が経済強国建設とともに強調したのが韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期政権への関係改善の呼び掛けだ。

「新年の辞」は「今年、全民族が団結し、民族あげての統一愛国闘争によって祖国統一の新たな局面を開かなければなりません」と強調し、「国の分裂に終止符を打ち、統一を実現するうえで提起される重要な問題は、北と南の対決状態を解消することです」と南北の対決解消を訴えた。さらに、2000年に金正日(キム・ジョンイル)総書記と金大中(キム・デジュン)大統領が署名した「6.15南北共同宣言」と、07年に金正日総書記と盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が署名した「10.4宣言」の履行を求めた。

 昨年の新年共同社説が「民族の大国喪に背を向け、弔意表示をあらゆる面から妨害した南朝鮮逆賊一味の反人倫的・反民族的行為は全同胞の込み上げる怒りと糾弾を呼び起こした」と李明博(イ・ミョンバク)政権をこき下ろしたのと比べると大きな差だ。

 

朴槿恵次期政権の出方を牽制

 北朝鮮は、韓国の大統領選挙では与党・セヌリ党の朴槿恵候補を「維新の御姫さま」「独裁者の娘」と激しく非難し、野党・民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)候補を応援するような論調を維持してきた。しかし、朴槿恵候補が11月5日に北朝鮮に柔軟な内容を含む南北関係や外交分野の選挙公約を発表すると、直後は批判をしたが、その後、次第に実名非難が減るなど、批判のレベルを下げてきた。朴槿恵候補の当選の可能性を考慮し始めたともいえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順