欧州技術の黄昏? 新型特急発進せず

国末憲人
執筆者:国末憲人 2013年2月13日
 トラブル続きで1カ月あまりで運行停止となったフィーラ(写真は国内特急。筆者撮影)
トラブル続きで1カ月あまりで運行停止となったフィーラ(写真は国内特急。筆者撮影)

 少し大げさかも知れないが、欧州の技術崩壊を象徴している出来事、と受け止める向きもあるようだ。オランダ高速鉄道(NS Hispeed)とベルギー国鉄(SNCB)が共同で導入した両首都間の新型特急「フィーラ」(Fyra)を巡るてんまつである。

 隣接する両国は結束性が強く、ルクセンブルクを含めて「ベネルクス三国」と呼ばれてきた。ただ、互いの行き来は、微妙な距離感があって予想以上に面倒だ。飛行機だと近すぎるし、列車だと意外に遠い。

 欧州連合(EU)が本拠を置くベルギーの首都ブリュッセルからオランダの各都市に行くには、フランス国鉄(SNCF)主導で運行されているTGV型の超特急「タリス」に乗るのが普通だった。ただ、パリとブリュッセルを行き来するEU官僚やビジネスマンを主な顧客に想定するタリスにとって、ブリュッセルから先は単なるおまけ。高い割に時間がかかり、一般客には不評だった。そこで、アムステルダムとブリュッセルを直接結ぶ新型特急の導入企画が持ち上がり、オランダ、ベルギー双方がイタリアのアンサルドブレーダ社に19本の列車を約4億ユーロで発注した。予定より5年ほど遅れて製造された9本の列車を使って、「フィーラ」と名付けられたV250系新型特急が昨年12月9日、華々しくデビュー。両首都間の運行を開始した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順