「楽観は禁物」の北朝鮮ミサイル

2013年4月10日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮の脅しは、遂に傍若無人の宣戦布告にまでエスカレートしている。安倍総理大臣は「日本政府として国民の生命と安全を守るために万全を尽くす」とコメントしたが、具体性が無い。有事法制、国民保護法は機能するのであろうか。

 ただ1つ見えていることは、日本に向けて北朝鮮の弾道ミサイルが発射された場合、これを地上配備のPAC3及びイージス艦搭載のSM3で迎撃、破壊するということである。現場が地対空ミサイルを発射するには「破壊措置命令」が必要である。この命令は、自衛隊法第82条によって規定されているが、原則は、自衛隊最高指揮官の総理大臣が、事前の安全保障会議の諮問を経て、閣議によって決定する。勿論、間髪を入れず対処しなければならない場合は「防衛大臣から総理大臣への発令要請」で破壊措置を行なうことが出来る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順