シリアのアル=カーイダ系組織の不穏な動向

池内恵
執筆者:池内恵 2013年4月12日
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

  シリアでアサド政権の領域支配の溶解がじりじりと進む。しかしシリア現地の反政府軍は、それぞれの場所で蜂起し、それぞれの手蔓で武器を入手した武装民兵諸集団の総体であり、指揮命令系統が統一された「自由シリア軍」は存在しないと言っていい。欧米諸国、とくに米国が武器供与を渋るのも、周辺諸国や欧米諸国から、さらにはイスラーム世界全体から集まる義勇兵の性質が読み切れないからである。特に、自爆テロを多用し、アル=カーイダへの共鳴が知られるヌスラ戦線(Jabha al-Nusra; Nusra Front)の動向が注目されてきた。

 ここのところ、シリアと周辺国の武装勢力による、「アル=カーイダ」への帰属や、諸集団間の合同を宣言する声明が矢継ぎ早に出された。4月7日に、9・11事件を首謀しパキスタン・アフガニスタン国境地帯に根を張る「元祖」アル=カーイダの指導者アイマン・ザワーヒリー(Ayman al-Zawahiri)が、インターネット上で公開した音声による声明で、「シリアにイスラーム国家を設立せよ」と煽った。 これは珍しいことではなく、シリアで騒乱が始まって以来ザワーヒリーは幾度もこうした「口先介入」を行っている。米軍に追われ、地下に潜ったザワーヒリーらの「アル=カーイダ本体」が、果たしてシリアの内戦の現場にどれだけ影響力を行使し、実際に資金や人員を送り込んでいるか、懐疑的な見方をする専門家も多い。シリアの諸勢力がザワーヒリーの指示の下に戦っているとは考えにくい。

執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順