中国の「主要矛盾」を突いた日台漁業交渉の合意

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年4月12日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 日本と台湾の漁業交渉が合意に達したことを受け、11日の日本の新聞各紙の朝刊はほとんどが「中台間にくさび」という見出しを掲げながら、分析を加えていた。今回の合意が持っている戦略的意味を表すには「くさび」という言葉がふさわしいことに異論はないが、では、どうして今回の合意が「くさび」になるかという点についてはもう少し突っ込んだ解説があっても良かったのではないかと感じた。

 毛沢東の著作に有名な「矛盾論」というものがある。厄介な問題の背後には、さらに大きな問題、つまり「主要矛盾」が存在し、それへの認識がなければ「従属矛盾」たる目の前の問題を正しく理解し、解決することはできないという論である。

 この矛盾論にならって言えば、日本と中国と台湾の三者がそれぞれ領有権を主張して複雑に対立しているのはあくまでも「従属矛盾」であり、背後には中台分断という「主要矛盾」が存在している、と考えることができる。

 尖閣諸島は台湾に付属する島嶼である、というのが中国の公式な立場である。中国は尖閣諸島への領有権を主張するようになった1970年代以来、日清戦争の敗北で台湾が日本に割譲された際、尖閣諸島もどさくさに紛れて日本にかすめ取られた、という主張を続けてきている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順