インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

漏洩したもう1つのトップシークレット

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年6月19日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾 北米
 6月15日、香港で、元CIA職員スノーデン氏への支援を訴え、米総領事館に向けデモ行進する人々 (C)AFP=時事
6月15日、香港で、元CIA職員スノーデン氏への支援を訴え、米総領事館に向けデモ行進する人々 (C)AFP=時事

 ネット上で個人が交信した通信情報を「プリズム」という対テロ秘密工作でごっそり収集していた米国家安全保障局(NSA)。

 その事実を示す米政府のトップシークレットの情報を米ワシントン・ポスト紙と英ガーディアン紙に渡したのは、米中央情報局(CIA)の元コンピューター技術者エドワード・スノーデン氏(29)だった。

 実はこのニュース、全くのサプライズではなかった。インターネット電話スカイプや通信大手ベライゾンなどがプリズムに協力していることが先に伝えられていた。ただ、スノーデン氏が大量の機密文書を持ち出した結果、プリズム工作の全体像が掴めたことがニュースだったのである。

 だがスノーデン氏は、日本ではほとんど注目されない、「米サイバー作戦政策」と題する、もう1つのトップシークレット文書を漏洩していた。これまで、サイバー攻撃に対する「防御」しか公言していなかったオバマ米政権が実は、「サイバー攻撃」の実戦計画立案に踏み出していたことがこの文書で初めて明らかになったのである。

 この中で、オバマ大統領は、関係省庁や情報機関に対して、サイバー兵器の「攻撃目標」をリストアップするよう指示している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順