3年目の被災地ボランティア

出井康博
執筆者:出井康博 2013年8月20日
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 東日本大震災から3度目の夏を迎え、被災地の現状を伝える報道はめっきり減った。復興は進んでいるのだろうか。

 震災発生以降、筆者は何度かボランティアとして被災地を訪れ、その体験を本サイトにも寄稿してきた(2011年8月1日「まだまだボランティアが足りない」)。現在も、震災直後のピーク時よりかなり減ったとはいえ、岩手・宮城・福島の被災3県では毎月1万人程度のボランティアが活動を続けている。筆者も8月上旬、2泊3日で再びボランティアとして現地を訪れた。

 

岩手県大槌町のハーブ園

 津波で壊滅したままの沿岸部を抜け、車で内陸へと向かうこと約10分。緑豊かな田園風景が広がる一角に、黄色いビブを身につけた約50人の若者の姿があった。被災地支援のNPOがつくったハーブ園で、草取りや薪割りの作業をしているボランティアたちである。

 太平洋に面して内陸に広がる岩手県大槌町――。住民の1割近い1200人以上が震災で犠牲になった町では、その後も人口減少が続いている。かつては基幹産業だった水産加工業などが復興せず、町を去っていく人が絶えないのだ。そんな町を再建しようと、新たな雇用を生み出す試みが始まっている。ハーブ園もそのひとつだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順