インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

シリアの「サリン使用」詰め切れず――米英仏の報告書は疑問だらけ

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年9月19日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
 8月26日、シリアの化学兵器使用疑惑を調査するため、首都ダマスカスのホテルを出発する国連調査団の車列 (C)EPA=時事
8月26日、シリアの化学兵器使用疑惑を調査するため、首都ダマスカスのホテルを出発する国連調査団の車列 (C)EPA=時事

 シリアでサリンが使用され、罪のない女性や子供を含む多数の死者が出た。

 その事実には疑問を挟む余地はないだろう。現場のビデオ画像から、着弾したミサイル弾頭に爆発した形跡がないこと、被害者に呼吸困難などサリン特有の症状が見られることが伝えられている。

 しかし、アサド・シリア大統領自身またはその代理人がどのような動機でサリン攻撃を命令し、どの部隊が、どのような運搬手段を使って、なぜサリンを撃ち込んだのか、未確認のままだ。

 力を合わせたら世界最強、と言ってもいい米英仏のインテリジェンス機関が得た情報をそれぞれの政府がまとめて発表した報告書を見ても、なお重大な疑問が残る。

 米英仏3カ国の報告書はいずれも「アサド」名指しを優先して詰めが甘い。対照的に、国連報告書は名指しを避けながらも、鑑識の手法で、事実上政府軍の行為と確認している。

 世論調査でも、議会との協議でも、シリア攻撃への同意が得られなかったオバマ米大統領は、インテリジェンスの面でも大きな弱みがあったことが確認された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順