私はなぜ特定秘密保護法案に反対するのか

宇野重規
執筆者:宇野重規 2013年12月5日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本
 政府は強引に成立を目論んでいるが……  (答弁する森雅子担当相) (C)時事
政府は強引に成立を目論んでいるが……  (答弁する森雅子担当相) (C)時事

 私はこのたび、「特定秘密保護法案に反対する学者の会」の賛同人に加わりました。フォーサイト編集部から機会をあたえていただきましたので、ここでなぜ私がこの法案に反対するのか、少しお話しさせていただければと思います。

 

 私は政治学者です。1人の市民として、現代日本社会の諸問題について意見をもっていますが、今回はとくに政治学者として、この法案には大きな問題があると考え、あえて行動することにしました。

 政治学者としてこだわるのはまず、「政治における真実はどのようにして明らかにされるべきか」ということです。なるほど、政治において、「秘密」がつねにつきまとうのは確かです。とくに国家の安全保障に関して、少なくとも同時代的には公開できない事実があることは、私も認めます。重要な機密が諸外国に筒抜けになれば、交渉などにおいて重大な不利をもたらすでしょう。

 とはいえ、このような「秘密」の範囲が無制限に拡大すれば、どうなるでしょうか。為政者は自らにとって望ましくない事実をすべて「秘密」にするでしょうし、市民が政治的判断を下すにあたって重要な情報が知らされないという事態も生じかねません。かつて、自国の置かれた客観的状況が報じられることのないままに、戦争への道へとつき進んでいった我が国にとって、このことはとくに深刻です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
宇野重規
宇野重規 1967年生れ。1996年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。著書に『政治哲学へ―現代フランスとの対話』(東京大学出版会、渋沢・クローデル賞ルイ・ヴィトン特別賞)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社、サントリー学芸賞)、『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書)、共編著に『希望学[1]』『希望学[4]』(ともに東京大学出版会)などがある。
comment:18
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順