【ブックハンティング】「真犯人」の存在を明らかにした“調査報道のバイブル”

執筆者:牧野洋 2014年2月21日
カテゴリ: 書評 社会
エリア: 日本
 『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』
『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』

清水潔著
新潮社

 調査報道のバイブル――。本書を読み終え、こんな表現がぴったりではないかと思った。

 正直に言うと、民放テレビ業界については「そこは報道ではなくエンターテインメントの世界」と見下していた。そのため、メディア業界を取材するなかでも、報道やジャーナリズムという視点からこの業界を観察したことがなかった。本書の著者が民放テレビ局の記者だと知り、自分の無知と思い込みを恥じた次第だ。

 本書は、足利事件をはじめ北関東で起きた一連の事件を「北関東連続幼女誘拐殺人事件」としてとらえ、真犯人「ルパン」に迫るルポだ。すでにテレビ報道を見たり雑誌記事を読んだりして、この事件の概要を知っている人も多いだろう。だが、1つの物語としてまとめて読むべきである。

 なぜなら、事件の大きさもちろんのこと、ジャーナリズムが本来担うべき機能について考えさせられるからだ。著者は事件の全容を描きつつ、自分自身が職業ジャーナリストとしてどう行動したかについても克明に記している。本書は読み物として第一級であると同時に、「公益に資する報道」とは何かを考えるうえでも秀逸なのである。「殺人事件について記者が興味本位で書いたエンターテインメント作品」と思ったら大間違いだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
牧野洋 1960年生れ。83年、慶應義塾大学経済学部卒業、88年、米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール卒業(修士号)。日本経済新聞社でニューヨーク駐在記者や編集委員などを務め、2007年に独立。著書に、日米のジャーナリズムを比較した『官報複合体』(講談社)や『米ハフィントン・ポストの衝撃』(アスキー新書)、『不思議の国のM&A』(日本経済新聞出版社)、『最強の投資家バフェット』(日経ビジネス人文庫)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順