【ブックハンティング】冷戦を終結させた「敏腕刑事とダメ刑事」のコンビ

吉崎達彦
執筆者:吉崎達彦 2014年4月5日
エリア: ヨーロッパ 北米
 『レーガンとサッチャー―新自由主義のリーダーシップ―』
『レーガンとサッチャー―新自由主義のリーダーシップ―』

ニコラス・ワプショット/著 
新潮社

 ロナルド・レーガン米大統領とマーガレット・サッチャー英首相は、いかにして権力の座に登りつめ、国際政治の舞台に立ち、どんな風に交流していたのか。ある程度は「知ってるつもり」でいた評者は、本書を読み進めて意外な「発見」があるたびにページに折り目をつけてみたところ、最後は見苦しいほど折り目だらけの本になってしまった。

 2人の最初の出会いは1975年4月9日であった。既に共和党の有力大統領候補者であったレーガン元カリフォルニア州知事は、外交の経験値を稼ぐべく「写真撮影」の機会を求めて欧州を歴訪していた。キャラハン英外相が多忙を理由に表敬会見をパスした日の午後、レーガンは野党・保守党の党首になったばかりのサッチャーと出会う。2人は意気投合し、45分間の予定だった会見は2時間に延びる。保守的な価値観と反共産主義を共有する2人の友情の始まりである。

 

アウトサイダーゆえに

 レーガンとサッチャーにはいくつもの共通点があった。ともに小売業を営む父の影響を強く受け、「市場」を身近に感じる家庭に育った。政治家としての道を歩みながら、俳優出身と女性ということで過小評価された。レーガンは知性を軽く見られ、サッチャーは激しい気性を警戒され、ともにアウトサイダーとして政界を歩む。2人はそれぞれ米国と英国が最悪の状況下でトップの座に就くが、お蔭で過去のしがらみとは無縁に指導力を発揮することができたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉崎達彦
吉崎達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト。1960年(昭和35年)富山市生まれ。一橋大学社会学部卒業後、1984年日商岩井(現双日)に入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て現職。新聞・経済誌・週刊誌等への執筆の他、「サンデープロジェクト」等TVでも活躍。また、自身のホームページ「溜池通信」では、アメリカを中心に世界の政治経済について鋭く分析したレポートを配信中。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『1985年』(新潮新書)など、共著に『ヤバい日本経済』(東洋経済新報社)がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順