最後に米国で考えた東アジアのパワーバランス(下)

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2014年4月10日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾 北米

 米中首脳会談からおよそ半年後の2013年12月26日、安倍首相の靖国参拝があった。それから1カ月後の今年1月29日、多くの日本メディアが支局を構えるワシントンDCのナショナル・プレス・ビルで、オバマ政権のベン・ローズ副補佐官(戦略広報担当)による外国メディア向けブリーフィングが開かれ、筆者も出席した。「2014年のオバマ政権の外交政策」がテーマというだけあって、会場は米国メディアを除く世界各国のメディアの記者で埋まり、立錐の余地もない状態であった。

 

 ブリーフィングでは記者側から全部で21の質問が出され、ローズ氏がこれに答えたのだが、ワシントン駐在の各国の記者がシリア情勢、ウクライナ情勢、アフガニスタン情勢など国際情勢について幅広く質問する中、中国メディアの記者の異様な質問の仕方が目を引いた。

 中国系メディアの記者による質問は、21問中5問あった。このうち7番目に香港のフェニックスTV、13番目に中国中央電視台、18番目に中国国営ニュースサービス(チャイナ・ニュース・サービス)の記者が挙手し、ローズ氏に指名され、質問した。

 3人の質問は、内容の細かい点で違いはあるものの、全員が(1)米国は安倍首相の靖国参拝をどう考えるか(2)米中の協力関係についての評価……の2点をセットでローズ氏に尋ねるものであった。ローズ氏が最初の質問に懇切丁寧に答えても、2番目、そして3番目と同じ内容の質問を執拗に繰り返す姿は異様であった。最後には会場の記者団の失笑を買い、司会の米国務省の女性がうんざりした顔を見せたのを覚えている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順