【ブックハンティング】「スモール・イズ・インサイトフル」――革命は周縁から起こる!

濱野智史
執筆者:濱野智史 2014年5月31日
カテゴリ: 書評 社会
エリア: 日本
 『藻谷浩介対談集 しなやかな日本列島のつくりかた』
『藻谷浩介対談集 しなやかな日本列島のつくりかた』

藻谷浩介/著
新潮社

 「正直、日本はもうだめなのではないか」。本書の著者、藻谷浩介氏は、あとがきをこのように書き始めている。おそらくまっとうな感覚を持つ人であれば、いま、〈誰もが〉そう思っているのではないか。もちろん、私もそのうちの1人である。

 私事で恐縮だが、私は朝日新聞の論壇時評委員の仕事を、2011年の4月から3年以上続けている。毎月、山のように論壇誌や週刊誌が送られてくる。私はそれに目を通し、見るべき論文やコラムを取捨選択し、毎月1回開催される委員会で議論する。これが論壇時評委員の仕事である。

 しかしこの3年というもの、「紙」の論壇誌・雑誌上で本当に見るべき論考というのは、ごくごくわずかである。むしろ劣化が本当に酷い。

 震災直後はまだしも良かった。被災地の問題、復興の問題、原発の問題と、日本社会の知的リソースはいっきょに集中し、多くの問題――それは決して3.11が引き起こしたものばかりではなく、むしろ日本社会における「構造的」な問題――が明らかになった。

 しかし時が経つにつれて、「論壇」からは緊張感が薄れ、いまや緩みきった空気が蔓延している。見るべき議論はほとんどない。そもそも「論争」も「説得」も何も成立していない。右は威勢のいいことを言っているだけの「放言」ばかり、左はいつもどおりのワンパターン化した「クリシェ(常套句)」ばかりだ。何も知的に得られるものはない。

この記事は役に立ちましたか?
Foresight最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
濱野智史
濱野智史 1980年東京生れ。批評家。日本技芸リサーチャー。慶應義塾大学環境情報学部、同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2011年から朝日新聞論壇時評委員。著書に『アーキテクチャの生態系』『前田敦子はキリストを超えた』、共著に『AKB48白熱論争』『希望論』など。2014年からは社会批評の視点を取り込んだアイドルプロデュースに乗り出し、6月15日に新アイドルグループをデビューさせる予定⇒ http://platonics.jp/
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順