饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(194)

外交官が堪能した「日本ワイン」と「和食」の奥深さ

西川恵
執筆者:西川恵 2014年7月16日
 日本のワインに関心を深めたグルジア大使(筆者撮影、以下同)
日本のワインに関心を深めたグルジア大使(筆者撮影、以下同)

 和食や日本ワインへの関心が日本に在勤する外交官の間で広がっている。それも単に食べる、飲むだけではなく、さらに踏み込んで和食の実演やワイナリーを見てみたいというのだ。最近あった2つの話を紹介しよう。

 

世界最古「8000年」の歴史

 グルジアのレバン・ツィンツァゼ駐日大使(45)が日本の外交官数人と6月上旬、山梨県の勝沼醸造(甲州市勝沼町)を訪れた。日本ワインの現場をこの目で見るためである。

 物理学者で、かつて日本の大学でも客員教授として教えたことのある大使が日本に赴任したのは今年2月。日本のワインに関心をもったきっかけは、最近、日本の外交官と食事をした時、ワインに詳しいこの外交官が持参した日本ワインだった。日本固有の甲州種の白ワイン。大使はいたく気に入り、その場でこのワインを造っている勝沼醸造を訪問することが決まった。

 グルジアワインは世界で知られ、和食がユネスコの無形文化遺産に登録された昨年12月、グルジアも古代から伝わるワイン造りの手法が無形文化遺産に登録された。クヴェヴリと呼ばれる卵型の粘土製の素焼き容器で発酵させるやり方だ。同国政府によると、同国のワイン造りは8000年と世界最古の歴史をもち、それを示すように約500もの固有種のブドウがある。

執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順