東日本大震災がきっかけ「臨床宗教師」の可能性

執筆者:鷲尾香一 2014年9月19日
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 北米 日本
 仮設住宅の集会所では節目ごとに合同慰霊祭が行われている(福島県いわき市)(C)時事
仮設住宅の集会所では節目ごとに合同慰霊祭が行われている(福島県いわき市)(C)時事

 人は死に直面すると様々な思いを抱くだろう。「死への恐怖」、あるいは「無念さ」、「後悔」……。また同様に、親族や友人を不慮の事故や災害などで失った人たちにも様々な思いがあるに違いない。

 今、こうした人たちの“心のケア”を行う「臨床宗教師」が注目されている。

 

宗教や宗派に関係なく

 臨床宗教師誕生のきっかけは、2011年3月11日に発生した東日本大震災だった。被災者の抱える様々な苦しみに対して、僧侶、牧師、神職などが被災者の心のケアを行ったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。金融業界紙、通信社などを経てフリーに。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順