「海自」ではなく「海保」の強化が急務:中国船舶の不法活動

2014年12月16日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 平成27年度防衛予算概算要求は過去最大、3年連続の要求増であった。防衛力整備は、国際貢献、民生協力を含めた役割の多様化に対応するものでもあるが、自衛隊だけが我が国の安全保障を担っているわけではない。物理的な「抑止力」は、「ミリタリー(軍事力)」と「コンスタビュラリー(非軍事力)」を合わせたものであって、「自衛隊」と「警察および海上保安庁」がそれぞれを代表する。我が国の防衛力は、手出しした相手が大火傷を負うことになる「拒否的抑止力」であり、有事はミリタリー、平時はコンスタビュラリーが主としてそれぞれの力を行使する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順