蜜月過ぎて下り坂に入った中露関係

名越健郎
執筆者:名越健郎 2007年12月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ロシア 中国・台湾

パイプライン建設が頓挫すれば、武器輸出も白紙に戻る。あれほど滑らかに見えた中露の仲に、いまやささくれが……。 在京の中国大使館員がしばしばロシア批判を口にするようになってきた。ある中国外交官は筆者に対し、「中国が必要とする環境、省エネ、ハイテク技術はすべて日本にある」と日本経済を高く評価した上で、返す刀で「ロシアは資源を国策利用している」とプーチン政権の資源外交を批判した。 この外交官は「ロシアは資源だけ、米国は金融・サービスだけだ。額に汗して物づくりをしているのは東アジアだ」とも付け加えた。エネルギーを世界で買い漁る中国にとって、一バレル=九十ドル台に高騰する石油価格は重荷なのだ。中国は「東アジア共同体」創設を支持しているが、米露を排除した十一月二十一日のシンガポールでの第三回東アジアサミットは、資源に乏しい東アジアが製造業で結束し、産油国の横暴に対抗する好機でもある。 中国の外交官が、蜜月関係にあるロシアへの不満を漏らすほど、プーチン政権のエネルギー政策は目に余る。石油産業の国家統制、元石油大手ユコスの分割国有化、西側資本締め出し、ウクライナなどへのガス供給一時停止――ロシアのエネルギー資源国策利用も、エネルギー価格をここまで吊り上げた元凶の一つだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順