新型インフル「ワクチン計画」の大問題点

執筆者:堀口晴正 2009年10月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

日本のワクチン計画は「国産の不足」と「大量の輸入」を前提に進められてきた。だが、それは本当なのか。 新型インフルエンザ(H1N1)ウイルスが急速に世界を覆いつくそうとしている。 ブラジルやチリ、オーストラリアやニュージーランドなど南半球の主だった国々での流行は冬期である八月におおむねピークを越えたが、流行自体は今なお続く。一方、初期に感染が拡大しなかった国々では感染者が急増している。現時点でウイルスの変異は認められず、致死率も非常に低いようだが、多くの不明な点を残しながら、流行の中心は北半球に戻りつつある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順