小額になって農村に広がる中国・偽人民元

2009年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 中国公安省経済犯罪捜査局の張濤副局長はこのほど、「中国国内では偽人民元札の流通が依然大きな問題である。ここ数年、全国で押収する“額”は約十億元(約百三十億円)に上る」と指摘した。中国人民銀行は二〇〇五年に紙幣を刷新したが、相変わらず偽札問題が深刻であることを物語っている。 さらに同副局長は、「問題を複雑にしているのは、小額紙幣の偽札が作られ、内陸部や農村部などに拡散していること」とも述べ、偽札が百元札だけでなく五十元以下の札にも及び、かつ検査体制の緩い地域で流通していることを明らかにした。 公安省は今年も、偽札摘発のためのキャンペーン「〇九行動」を十月二十日まで実施。二千百九十八件の事案を摘発し、四千百八人を検挙した。いずれも〇八年を上回る。また、全国二十七カ所の偽札製造工場を突きとめ、八億一千万元相当の偽札を押収したという。 湖南省と広東省で摘発された偽札工場では計十一人を逮捕して、九千万元相当を押収。同二十日には陝西省楡林市で使用グループ五人を捕まえ、約十六万元相当の偽札を押収した。 増え続ける偽札作りに業を煮やした公安省は、〇五年に廃止した同省の組織「偽札摘発課」を復活させ、年内にも行動を開始する。張濤副局長は「この課の捜査隊には精鋭が参加することになる」と強調するが、捜査員らの業務は膨大なものになりそうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順