「国共トップ会談」をどう読み解くか

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2015年5月13日
エリア: 中国・台湾

 中国共産党の習近平総書記と台湾の与党・国民党の朱立倫主席が5月4日、国共トップ会談を北京で行った。2005年の歴史的初会談以来、4度目の開催となるが、習近平、朱立倫両氏とも「初体験」のうえ、2人は初顔合わせ。中台関係が安定局面から停滞局面に差し掛かりつつあるなか、成り行きが注目されたが、両者とも「安全運転」に徹した感が強い。ただ、中国、台湾それぞれの思惑も各所ににじみ出ていた。

 

「心と心の通じ合い」

 会談直前に中国の台湾政策ブレーンが「台湾に利益を譲るような時代は終わった」という発言をしていただけに、習氏が台湾に厳しい態度を取るとも予想されたが、穏やかな対応が目立った。中国側にもいろいろ言いたいことはあっただろうが、来年1月の台湾総統選を控えたこの段階で国民党を一層不利にすることは避けたのだろう。

 習氏が朱氏に対して語った「5つの主張」の内容は以下の通りである。

 

(1)「1992年コンセンサス」と「台湾独立」反対の堅持は、両岸(中台)関係の平和的発展の政治的な基礎で、大陸と台湾が共に1つの中国に属することを認めることがその核心である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順